HOME > 納入事例 > 建物分野 > 株式会社ブロードバンドタワー

株式会社ブロードバンドタワー

投資対効果に優れたソリューションの導入で
既存の大規模サーバルームにおける電力削減を実現

株式会社ブロードバンドタワー

高品質なデータセンターサービスの提供を通じて、顧客企業のIT活用に高度な付加価値を提供するブロードバンドタワー。同社では、既存の大規模サーバルームにおける空調機にかかわる省電力化を目指し、気流制御のためのソリューションを採用しました。事前のシミュレーションと綿密な工程設計により、稼働中の顧客システムに一切影響を及ぼすことなく導入を実現し、その成果は約8.8%の空調電力削減という形で表れています。

大規模サーバルームにおける空調電力の省エネ化が課題に

ITが企業のビジネス活動や人々の社会生活に欠かせないインフラとなる中で、情報システムの稼働を支えるデータセンターの果たす役割がますます大きくなっています。株式会社 ブロードバンドタワーは、東京に3カ所、関西に1カ所、計4カ所のデータセンターを通じて、コロケーション※1やホスティング※2をはじめとするデータセンターサービスを提供。顧客企業のIT活用に高度な付加価値を提供しています。

中でも、日本の通信インフラの心臓部ともいえる東京都千代田区に置かれた同社の第1サイトは、その基幹センターに位置付けられる拠点です。近年、企業の社会的責任(CSR)の観点からも社会的な要請が高まる電力削減に向けた施策に、早くから積極的に取り組み、大きな成果を上げてきました。

例えば、2010年2月には200m²のサーバルームにおいて、サーバ機器などが稼働するラックの各部位に小型温度計を設置しました。計測された温度に応じてエリアごとに床面のグリルパネル※3位置と、空調の風量を調整するといった取組みにより、データセンターの消費電力の最も多くの部分を占める空調電力を約20%削減することに成功したという実績があります。

「そうした取組みを重ねることで、当社では省電力のノウハウを積み上げてきています。しかし、別フロアにある1200m²という規模を持つサーバルームの省電力化を進めていこうとすると、スペースが非常に広いことやお客さまごとにラックの配列が一様でないといった事情もあり、既存のノウハウだけでは対応できないという課題に突き当たったのです」(高橋氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年03月号に掲載されたものです。