HOME > 納入事例 > 建物分野 > 成田国際空港 第2旅客ターミナルビル

成田国際空港 第2旅客ターミナルビル

高度なノウハウを利用した省エネ施策の展開で快適性維持と電力などの
消費エネルギー低減を両立してエコ・エアポートの実現に貢献

写真提供:成田国際空港株式会社

1978年の開港以来、30年以上にわたり日本の空の表玄関として重要な役割を担ってきた成田国際空港。同空港では、これまでも運用実績を評価し、積極的にムダを省くことで省エネ対策を実施してきました。2008年以降、BEMSに収集・蓄積されている各種データをより一層活用することにより、省エネ対策のさらなる強化に着手。高度なノウハウを利用した各種施策により大きな成果を上げています。

BEMSに収集・蓄積された情報をさらに有効活用し、施策を強化

成田国際空港は、東京から40分ほどの千葉県成田市に位置し、日本の表玄関として37の国と地域、100都市と結ばれています(2011年10月現在)。1145ヘクタールの空港敷地内には、第1旅客ターミナルビル、第2旅客ターミナルビル、貨物ターミナルビルなどの諸施設があり、年間延べ3000万人を超える人々に利用されています(2010年度)。同空港では「WORLD SKY GATE_NARITA」の名の下、首都圏および東アジアの国際拠点としてのさらなる進化を目指し、国際航空ネットワークの拡大に向けた取組みに注力しています。2010年には、地元との合意の下、年間発着枠を将来的に30万回にまで拡大していくことが決定。また、ローコストキャリア※1専用ターミナルの建設も予定されており、空港機能の増強が行われています。多様化する航空ニーズに応えるために、さらなる空港施設の利便性向上が目指されています。

「空港施設を利用されるお客さまの快適性の追求は重要な視点です。その一方で、近年、省エネルギーに向けた社会的要請もますます高まりつつあり、いかに空港施設内の快適性を維持しながら、電力などのエネルギー消費を低減させていくかが、重要な課題となっています」(田代氏)

この課題に対して第2旅客ターミナルビルでは、2008年に空調設備などの運用・管理を行っていたアズビル株式会社の建物管理システム savic-net™ 50からsavic-net FXへの更新を実施し、それを機にBEMS※2(savic-net FX BMS)を導入。エネルギーに関するデータの計測ポイントを増やし、より細かいエリア単位で、きめ細やかにエネルギー使用量の可視化ができるようになりました。

「BEMSの導入で、これまで把握できなかったエネルギー消費の詳細な実態を知ることができるようになりました。次のステップとして、これらのデータを活用したより効果的な省エネ施策の実践が求められています」(和泉氏)

「BEMSを導入しただけで省エネルギーが達成されるのではなく、あくまでも収集されたエネルギーに関するデータを人が検証し、適切な施策を講じていくことが必要です。それにはデータの評価方法や、それに基づく施策内容を検討していく高度なノウハウが不可欠です」(髙橋氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年04月号に掲載されたものです。