HOME > 納入事例 > 建物分野 > 公益財団法人 実験動物中央研究所

公益財団法人 実験動物中央研究所

高度な風量・室圧制御システムの構築により、
消費電力削減と最先端の医学研究環境を実現

公益財団法人 実験動物中央研究所

実験動物の開発を中心とした取組みを通して、世界の医学研究の発展に貢献する実験動物中央研究所では、施設移転を契機に動物飼育・実験エリアの空気環境についての室圧維持と省エネルギーを両立させる空調設備を導入。風量制御コントローラ付きベンチュリーバルブを中核としたシステムにより、室圧を一定に維持しながら柔軟に換気回数の変更が行える仕組みを実現しました。

施設移転を契機として、より高度な空調制御を目指す

公益財団法人 実験動物中央研究所は、1952年の設立以来、60年にわたって均質で再現性ある実験動物の開発、および動物を用いた試験法を一連のシステムとして構築。その取組みを通して、世界の医学研究の発展を支え、人々の健康と福祉の向上に貢献しています。同研究所の開発した実験動物には、ポリオ(小児まひ)生ワクチンの安全性評価に用いるポリオマウスをはじめ、ヒトの細胞や組織などを体内に移植できる超免疫不全マウス※1、発がん性試験に用いられる遺伝子改変マウスなどがあります。こうした実験動物が日本、そして世界に向けて供給されることで、がんや白血病、エイズなど、人間の病気についての治療法の研究や新薬開発に向けた可能性を開いています。

2011年7月、川崎市の内陸部にあった旧施設から、羽田空港対岸の国際戦略総合特区※2として2011年12月に認定された川崎市臨海部に移転。延床面積11,500m2を誇る新施設に活動の場を移しました。

「今回の移転は、先進領域の医学研究者をはじめ、製薬・医療機器・食品関連企業やベンチャービジネスなど、幅広い分野との協同により新たな産業基盤技術を創造し、日本の競争力の向上に寄与していくことを念頭に据えたものです。新施設の開所に当たっては、さらに高品質な研究を行うための実験動物の飼育や作業環境の大幅な改善を目指し、最先端の飼育器材に加え、最新の空調設備の導入に取り組むことにしました」(野村氏

「特に空調に関して重要なテーマとなったのが、エネルギー使用量の課題でした。これまで動物飼育や実験のためのエリアにおいては、空気の清浄度を保つために24時間一定風量で1時間当たり15回の換気を行うのが標準的な運用となっており、一般的なオフィスビルに比べて多くの電力が必要となっていました。何とかその削減が図れないものかと考え、新施設の設計を委ねていた千代田テクノエースに検討を依頼しました」(齋藤氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年05月号に掲載されたものです。