HOME > 納入事例 > 建物分野 > 兵衛向陽閣

兵衛向陽閣

最新の高効率機器の導入により
温泉旅館の空調・給湯にかかわる省エネルギーを強化

兵衛向陽閣

有馬温泉の老舗旅館として、全国からの宿泊客でにぎわう兵衛向陽閣。同旅館では、施設内の空調・給湯設備の老朽化に伴い、省エネ対策を兼ね備えた設備更新の検討に着手しました。補助金を活用した計画とし、空調熱源・給湯の基幹設備を高効率の最新機器に置き換えた結果、投資コストの大幅な圧縮の実現と計画値を大きく上回る省エネ効果が見込まれています。

20~40年を経て老朽化した設備が省エネ対策の障壁に

管理室に設置されたSmartScreen。この画面上から、旅館全体の設備の状態を確認することができる。また、アズビルのデータウェアセンターと接続し、設備の運用データを収集・解析を行っており、さらなる省エネ施策や運用の検討に有効活用されている。

管理室に設置されたSmartScreen™。この画面上から、旅館全体の設備の状態を確認することができる。また、アズビルのデータウェアセンターと接続し、設備の運用データを収集・解析を行っており、さらなる省エネ施策や運用の検討に有効活用されている。

日本三古湯、日本三名泉に数えられる有馬温泉。古くから関西の奥座敷として、訪れる人々の心身を癒やし、明日への活力を満たしてきました。鉄さびを溶かしたような独特の赤茶色をした「金泉(きんせん)」が楽しめる大浴場「一ノ湯」「二ノ湯」「三ノ湯」など、同温泉地でも最大級の温泉施設を有する兵衛向陽閣(ひょうえこうようかく)は、創業以来700年を誇る老舗旅館です。長い歴史を通じて、常に「おもてなしの心」を大切にしながら、日本旅館ならではのホスピタリティあふれるサービスを提供してきました。

 西館、南館、北館の3棟に135の客室を有し、年間で10万人を超えるお客さまを迎える同旅館は、第2種エネルギー管理指定工場に指定されており、省エネ活動を継続的に行っています。その1つとして、最近まで有馬温泉には、都市ガスが供給されておらず、主な燃料として重油やプロパンガスが用いられていましたが、兵衛向陽閣では2009年に有馬温泉の中でいち早く都市ガスを導入。給湯、空調用のボイラについて重油から都市ガスへの燃料転換を実施し、CO2排出量削減を図ってきました。

「旅館の中で大きなエネルギーを消費するのは、全部で12ある浴槽と厨房の給湯、3つある客室棟の空調です。これらの設備は導入から既に20~40年を経過し老朽化していたため、曜日やシーズンによって大きく変動するお客さまの利用状況に制御性・効率性の面で追従するのが難しい状況となっており、省エネ化を進める上で大きな障壁となっていました」(風早氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012 Vol.8(2012年10月発行)に掲載されたものです。