HOME > 納入事例 > 建物分野 > さんちか

さんちか

エネルギー消費状況をスマートフォンで見える化
電力削減要請に応え、複数施設をリアルタイムに監視

2015年に開業50周年を迎える神戸・三宮の老舗地下街「さんちか」では、15年以上にわたって運用してきた中央監視システムの更新を契機に、電力消費状況の“見える化”を実現。パソコンやスマートフォンを使って、いつでも、どこからでも情報にアクセスできるようになったことで、デマンド監視も効率的に行えるようになりました。

節電要請への対応を契機に“見える化”の仕組みを導入

神戸中心部の振興を目的として1965年10月にオープンした地下ショッピングモール「さんちか」。JRをはじめ神戸市営地下鉄、阪急、阪神、ポートライナーの各鉄道路線が乗り入れる神戸・三宮の玄関口に位置し、13,600m2の敷地に125店舗がテナントとして入っています。「さんちか」および他エリアにある地下街「デュオこうべ」などの管理運営をしている、神戸市の第三セクター企業である神戸地下街株式会社は、常に時代をリードする場としてあり続けるために、新しい公共空間の形成や魅力的な店舗づくり、そして省エネルギーに先進的に取り組んでいます。

「さんちか」は阪神地区で最も歴史の古い大型地下街であり、オープン当初から稼働していた中央監視システムは1995年に更新されましたが、2010年には再び最新の中央監視システムへの更新が検討されるようになりました。

システム更新を検討中の2011年3月に、東日本大震災が発生。震災をきっかけに全国的に進んだ原子力発電所停止への動きは、関西電力管内に大きなインパクトをもたらし、企業に対しても節電要請が発せられました。もともと、特別高圧で受電する大口需要家であった「さんちか」は、1995年の設備更新時にも、それまで熱源として稼働させてきた大型冷凍機を廃止して機器の細分化や容量制御、インバータの導入を行うなど、中長期的なビジョンに立った省エネ計画を進めていました。震災を機に、節電に対してさらに高い目標を掲げることになったのです。

「震災後の節電要請に対しては、2年間で600kW削減するという目標値を立て、デマンド契約値を下げることで積極的に対応しました。そして、中央監視システム更新の際に、デマンド監視をリアルタイムに行える“見える化”の仕組みを新たに導入することを検討したのです」(本田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.1(2014年02月発行)に掲載されたものです。