HOME > 納入事例 > 建物分野 > 松菱金属工業株式会社

松菱金属工業株式会社

製造設備で発生する廃熱を活用し、エネルギー使用量の大幅削減を実現

新日鐵住金の特殊鋼棒線の加工拠点として、自動車部品のもととなる鉄鋼2次製品を製造する松菱金属工業。同社は、コンプレッサの高効率化に加え、加熱工程で使った蒸気や、洗浄槽からオーバーフローした温水などを回収して再利用する廃熱利用の仕組みを構築しました。これにより、電気、ガスなどのエネルギー使用量を大幅に削減しています。

機器更新などを中心に展開してきた省エネ施策にやり尽くした感

1947年に創業した松菱金属工業株式会社は、新日鐵住金株式会社の特殊鋼棒線加工拠点として、自動車の部品となる鉄鋼2次製品である磨棒鋼(みがきぼうこう)※1や冷間圧造用鋼線(れいかんあつぞうようこうせん)※2、素形製品を製造しています。これらは、自動車のエンジン、ミッション、足回り関係、ブレーキ、ステアリングなどのパワートレイン関係、スターターやエアコンのコンプレッサといった電装系の部品となるものであり、今日のモータリゼーションを根底で支えている製品です。

自動車製造において、新日鐵住金の製品製造は1次加工であり、松菱金属工業が担う製品製造は2次加工、松菱金属工業の顧客企業が行う自動車部品の生産は3次加工という関係になります。その中で、単なる2次加工ではなく、同社の顧客企業の工程により近い、いわば“2.5次加工”という領域に踏み込み、自動車部品加工のしやすい製品づくりを行うという付加価値の提供に努めていることが松菱金属工業の強みです。その工程を担っているのが、省エネ法の定める第二種エネルギー管理指定工場である同社の第二工場です。

社会的に環境保全の要請が高まる中、省エネルギーは同社にとっても重要な課題です。工場におけるCO2排出削減は、コンプライアンス上も切実な課題となっています。

「当社では、2003年6月にISO14001※3を取得するなど、以前から環境負荷軽減の取組みを続けてきました。特に第二工場においては2005年からの3年間、照明の高効率化を手始めに、変圧器など電気関係の設備を高効率タイプのものに置き換えるといった施策を順次展開してきました。しかし、その後は打てる施策も尽き始めていました」(森本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.3(2014年06月発行)に掲載されたものです。