HOME > 納入事例 > 建物分野 > 東京ドームシティ 黄色いビル

東京ドームシティ 黄色いビル

環境関連法規制への対応を念頭に、ビル設備の省エネ化を推進

東京ドームを中心に造られた東京ドームシティ内にあり、多くのスポーツ・娯楽施設が入っている「黄色いビル」では、2010年4月に温室効果ガス排出総量削減義務が開始された東京都の「地球温暖化対策計画書制度」に対応するため、設備の省エネ対策を実施しました。空調設備を中心とした機器の最適な制御と運用改善により、使用エネルギーの総量削減やピーク値の低減など、大きな成果を上げています。

急務となった法規制対応を念頭に、4年にわたる省エネ対策を計画

東京ドームシティは、1988年にオープンした日本初の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」を中核とする、都市型エンターテインメントゾーンです。エリア内には「東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち)」や、スパ(温泉)を備えた「ラクーア」、「東京ドームホテル」などが併設され、年間約3700万人が訪れます。

その一角にある「黄色いビル」は、1973年に竣工(しゅんこう)したA棟、C棟と、1977年竣工のB棟から成ります。日本最大の場外馬券場である日本中央競馬会の「ウインズ後楽園」や、東京シティ競馬の場外馬券場「offt後楽園」のほか、野球やゴルフ、ボルダリングにチャレンジできるスポーツ施設「スポドリ!」、東京都内最大級の「ローラースケートアリーナ」など、バラエティに富んだ施設が入居しています。2014年7月には、直径11mの穴から宇宙を“見下ろす”という新コンセプトのシアターやプロジェクション・マッピングなどの最新技術を駆使した宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」もオープンしました。

同ビルでは、2010年4月に温室効果ガス排出総量削減義務が開始された東京都の『地球温暖化対策計画書制度』※1に対応するため、2008年度から本格的に省エネ対策に着手してきました。その対策の中で、2011年度から4カ年計画で黄色いビル3棟および隣接する「後楽園ホールビル」(ボクシングなど格闘技の会場として知られる)を含む、計4棟の設備改修と中央監視・自動制御の更新を実施しました。

「これまでも、空調の運用改善や、重油を使ったボイラー・冷温水発生器などの熱源設備を地域冷暖房※2に切り替えるなど、省エネルギーの推進に取り組んできました。しかし、それだけでは条例の要件を満たすことは困難と判断し、予定していた設備の更新を、前倒しして進めることにしたのです」(山村氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.5(2014年10月発行)に掲載されたものです。