HOME > 納入事例 > 建物分野 > ゆめおおおか

ゆめおおおか

環境保全の時代要請に応え続ける横浜市の大型駅ビル

横浜市の上大岡駅に直結する大規模複合施設「ゆめおおおか」では、2005年以来、管理組合が主体となり共用部の空調をはじめとする設備の省エネ施策を、ESCOの手法を用いて継続的に展開しています。施策への投資を最小化しながら省エネルギーを実現。その取組み実績により、同施設は横浜市が実施する地球温暖化対策計画書制度の優良事業者として高く評価されました。

公共性の高い施設の使命として、いち早く省エネルギーの取組みを推進

横浜市南部に位置する上大岡(かみおおおか)駅。京浜急行電鉄本線と横浜市営地下鉄ブルーライン(1号線)が乗り入れる同駅は、1日の乗降客数が27万人を数え、市の「主要な生活拠点」指定も受けています。その上大岡駅に直結している大規模複合施設が、1997年に完成した「ゆめおおおか」です。同施設は、商業棟、中央棟、業務棟(オフィスタワー)の3棟から成り、様々な小売店舗や銀行、公共施設、企業のオフィスなどが入居。地元・企業・行政が三位一体となって各種の都市機能が結びつく形で、人に優しい“まち”を形成しています。

ゆめおおおかでは、2004年ごろから世の中で高まりつつあった環境保全に向けた省エネ化の要請を受け、公共性の高い施設としていち早くそれに応える必要性に迫られていました。

「百貨店が入居する商業棟は別の管理ですが、中央棟、業務棟については、所有者や入居テナントなどが管理する専有部のほか、建物の冷暖房をつかさどる熱源設備や受電設備、通路の空調などは共用部として、各区分所有者の加入するゆめおおおか管理組合が維持管理しています。そうした共用部の省エネルギーをいかに図るかが重要なテーマでした」(森井氏)

「管理組合が管理する共用部だけでも、省エネ法に定める原油換算で年間3000キロリットルのエネルギーを消費する第一種エネルギー管理指定工場に該当していたことから、エネルギー管理士の選任が法制上求められていました。組合側の負担を軽減するために、エネルギー消費量を何とか3000キロリットル以下に削減する必要がありました」(中川氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.1(2015年02月発行)に掲載されたものです。