HOME > 納入事例 > 建物分野 > 特別養護老人ホーム 白寿苑

特別養護老人ホーム 白寿苑

入居者の“家”である介護施設
配慮が求められる更新工事を経て大幅なエネルギー削減を実現

2015年に、開設20周年を迎えた特別養護老人ホーム 白寿苑。同施設では省エネルギーの 取組みを支援する国の導入支援制度を活用し、省エネ対策と並行しながら、老朽化していた熱源・空調設備を更新しました。その結果、エネルギーの削減目標値を大幅に上回る12.8%の削減を実現。導入支援制度活用によりイニシャルコストを最小限に抑えながら、設備の安定運用に加え、ランニングコストの適正化に成功しました。

地域への貢献を第一に高齢者向け福祉サービスを展開

地域福祉の推進に向け、大阪市西成区で福祉事業を展開する社会福祉法人 白寿(はくじゅ)会。同法人が1995年に開設した白寿苑は、200人以上の生活を支援する特別養護老人ホームとしての役割に加えて、デイサービスや訪問介護、在宅介護相談、生活支援型の食事提供など、様々な福祉サービスを提供する高齢者支援の拠点にもなっています。

白寿苑は、地域と深く結びつき、地域の利用者ニーズに応え続ける中でサービスを充実させてきました。社会福祉法人の使命として民間事業者ではサポートできない人々の受入れにも努めるなど、地域福祉を下支えする存在になることを目指しています。

同施設は2010年から本館の熱源設備更新に向けて検討を開始しました。1995年の竣工(しゅんこう)以来、本館の冷暖房の熱源として2台の吸収式冷温水発生器を利用してきましたが、使用期間が15年を超えたころから故障が頻発するようになりました。また各フロアに設置されたファンコイルユニットについても老朽化に伴い補修部品の供給が難しくなり、補修コストや安定運用の面で課題が表面化してきました。

さらに2011年の東日本大震災以降は、エネルギーコストの上昇に伴って省エネ対策が求められるようになりました。特にガス単価は2010年時点の価格の2倍にまで跳ね上がっており、コスト抑制のために熱源運用を効率化する必要が出てきました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.3(2015年06月発行)に掲載されたものです。