HOME > 納入事例 > 建物分野 > アマリンプラザ

アマリンプラザ

BEMSの導入により、
タイの大型複合ビルの設備機器の運転管理や、
省エネルギーを実現

タイの首都バンコク市内の繁華街、ラチャプラソン地区にあるアマリンプラザでは、独自に推進してきたビルの省エネ施策のさらなる強化を図るため、省エネ先進国である日本の技術を活用した取組みに着手。空調用熱源設備の運転最適化をESCO事業として展開することで、投資リスクを最小化しながら、目標値を大幅に上回る省エネ効果を達成しています。

セミナーで紹介された日本の省エネ技術に感銘

長年にわたって高い経済成長率を維持し、東南アジアにおける代表的な工業国であるタイ。その首都バンコクの中心部に位置するラチャプラソン交差点の周辺エリアは、大型ショッピングモールや高級ホテルが立ち並ぶ、同国きっての繁華街です。アマリンプラザは、1984年、同地区に竣工した22階建ての大型複合ビルです。1階から5階のショッピングモールには衣料や雑貨、食料品、電化製品などの店舗、レストラン、フードコートなどおよそ300店が営業。1日に1万5000~2万人の人々が訪れ、大きなにぎわいを見せています。7階以上はオフィスフロアとなっており、約30の企業が入居しています。

タイでは、急速な経済発展とともにエネルギー需要が急増しており、省エネルギーの推進は、国を挙げての重要なテーマとなっています。アマリンプラザでも、以前から社会的な要請が高まる環境問題への対応、ビル運営にかかわるエネルギーコストの削減などを念頭に、照明のLED化や熱源設備のチラーの高効率化、さらには水のリサイクルといった取組みを進めてきました。

「効果的な省エネルギーの手段を継続的に模索していた中で、公益財団法人地球環境センターがバンコクで実施した建物の省エネルギーに関するセミナーに参加しました。そこで紹介されていた省エネ技術に非常に感銘を受けました。特に、当時タイには普及していなかった“BEMS”※1の仕組みに興味を持ち、すぐにセミナーで省エネ事例を紹介していたアズビル株式会社に詳細を聞きたいと依頼しました」(Wisit Suthatheerarat氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.4(2015年08月発行)に掲載されたものです。