HOME > 納入事例 > 建物分野 > アマリウォーターゲートバンコク

アマリウォーターゲートバンコク

省エネ国際連携事業として日本の最新BEMSを導入
ホテルの営業を妨げずに工事を実施し省エネルギーを実現

アマリウォーターゲートバンコクは、タイの首都バンコクにある繁華街プラトゥーナム地区に立地しています。同ホテルは、日本企業が立案したタイ国内における省エネモデル事業対象施設に選定され、BEMS導入を含む一連の省エネ施策を実施しました。その結果、空調・熱源設備の最適運転などによる多大な省エネ効果を達成。また、その効果を可視化する仕組みも実現し、タイ国内の省エネ先進事例として大きな注目を集めています。

日本企業のモデル事業に選定。省エネ施策の強化に動きだす

タイの首都バンコクに1994年に開業したアマリウォーターゲートバンコク。ショッピングモールが立ち並ぶペッブリー通りに面し、34階建てのモダンな建築がひときわ目を引く5つ星ホテルです。市街を見下ろせるラグジュアリーな雰囲気の客室に加え、レストランやスポーツクラブなどの施設も充実しています。日本からも観光やビジネスで多くの人が利用しています。

現在、タイでは経済発展に伴い電力需要が急激に増加しており、エネルギーの効率的な利用が求められています。アマリウォーターゲートバンコクでも、コスト削減や環境対策を念頭に省エネ対策を行ってきました。

「建物の窓に遮熱フィルムを施したり、水のリサイクルシステムや空調用冷却塔のクリーニングシステムを導入したりするなど、我々も以前から様々な取組みを進めてきました」(Srisanit氏)

2009年、日本の中国電力株式会社は、タイの電気事業者の一つである首都圏配電公社MEAとの協業で、タイ国内での省エネモデル事業を計画しており、NEDO※1の公募案件である「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業」に申請し、採択を受けました。その後、中国電力が同事業の実現可能性を調査した結果、その対象施設として選ばれたのがアマリウォーターゲートバンコクです。同ホテルの省エネルギーに向けた熱心な姿勢が評価され、大きな効果が期待できると判断されました。

NEDOでは日本の省エネ技術を海外に普及させることを目的に、国外での省エネ施策実施にかかわる導入支援事業を進めていました。プロジェクトとして採択されれば、施策実施に必要となる機器の費用はすべてNEDO側が負担します。施設オーナーのコスト負担は工事費用のみで済むため、アマリウォーターゲートバンコクにとっても非常に魅力的な提案でした。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.6(2015年12月発行)に掲載されたものです。