HOME > 納入事例 > 建物分野 > 日本赤十字社 和歌山医療センター

日本赤十字社 和歌山医療センター

運用改善を基軸に省エネ施策を加速、着実かつ継続的に拡大する成果を享受

和歌山県の中核病院として地域医療に貢献する日本赤十字社 和歌山医療センター。同病院では、本館の新築を機に本格的な省エネルギーの取組みを推進。空調・熱源設備の運用改善を主体に、病院内の環境を快適に維持しつつ省エネルギーを実現するというバランスを取りながら省エネ施策を順次展開していくことで、病院が消費するエネルギーの着実かつ継続的な削減を実現しています。

本館の新築を絶好の契機と捉え、本格的な省エネ施策に乗り出す

日本赤十字社 和歌山医療センターは、1905年4月に日本赤十字社 和歌山支部病院として設立。以来、110年以上にわたり、「人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性」という赤十字社の基本精神に基づく地域医療活動を展開してきました。1986年には、和歌山県内の病院としては初めての救命救急センターが設置され、数多くの命を救ってきました。またその後、和歌山県災害医療センターにも指定されており、地震や津波、台風などの災害発生時には、県の要請により傷病者の受入れや医療救護班の派遣などを行うという役割を担っています。現在では、38診療科部、47専門外来が設置され、年間約49万6,000人の延べ外来患者と約23万4,000人の延べ入院患者の診療に当たっています。

同病院では、2011年に最新の設備・機能を備えた新しい本館が竣工しました。これを機に病院全体での省エネ施策の強化に取り組みました。

「旧本館は築50年を超えており、建替えが想定されていたため、高効率な機器の導入など、大掛かりな省エネ施策には乗り出せないままでいました。新本館の竣工は、本格的な省エネルギーの取組みを推進する絶好の機会でした」(中川氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.5(2016年10月発行)に掲載されたものです。