HOME > 納入事例 > 建物分野 > 明治安田生命保険相互会社

明治安田生命保険相互会社

営業用ビル520棟の電力使用状況を一元管理、環境保全に貢献

明治安田生命は環境保全の領域で積極的な取組みを行う中で、自社が保有しているビルのうち、営業用ビル520棟の電力使用に関するデータを可視化・一元管理するアズビルのエネルギー管理支援サービスを導入。社会的な電力需要削減要求に対応可能な基盤を整えました。

電力需要削減の社会的要請を受け、各ビルのデータ集約に課題

明治安田生命保険相互会社は、2004年1月に、生命保険会社としてともに長い歴史を誇る明治生命保険相互会社と安田生命保険相互会社が合併して誕生しました。合併後も、高品質な生命保険商品の提供を通じて、契約者に確かな安心を届け続けています。同社が事業活動において特に大切にしているのが、お客さまや社会との「絆」。その一環として、地球温暖化対策をはじめとする環境保全の領域にも積極的に取り組んでいます。

特に2011年の東日本大震災以降、電力需要削減にかかわる社会的な要請の高まりを契機として、全国に保有しているビルの中で自社が拠点を構えている520棟のビル(営業用ビル)に対して入居者への啓発や設備面での省エネルギーの取組みを継続して行っています。

「2011年当時、政府から電力需要削減の明確な数値目標が提示されました。膨大な数の自社ビルにおける電力使用量のタイムリーな実態把握が十分ではなかったため、電力削減施策の検討には大変苦慮しました」(秋元氏)

同社では当初、建物内のエネルギーを集中管理するシステムであるBEMS*1を大規模ビルに導入していましたが、保有するビルの6~7割を占める中小規模のビルすべてには導入していませんでした。そのため、電力使用量を把握するためには人が実際に現地に赴いてメーターを読み、記録し、使用状況を管理していくという作業も必要でした。これら一連の作業負荷は大きく、520棟のビルすべてに対して作業を継続することは非常に厳しい状況でした。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.6(2016年12月発行)に掲載されたものです。