HOME > 納入事例 > 建物分野 > 久留米シティプラザ

久留米シティプラザ

設備と制御のプロによる設備管理で快適空間を追求
文化交流施設の価値を高める

2016年4月にグランドオープンした久留米シティプラザは、久留米市の新たな価値発信の拠点となる市営の文化交流施設です。久留米市は同施設の設備管理業務を制御機器メーカーであるアズビルに委託しました。設備と制御のノウハウを活かした最適な空調運転による快適な室内環境の維持、省エネルギーの推進に大きな期待が寄せられています。

公共施設の設備管理の実績が大きな信頼感を生む

久留米市は、福岡県南西部に位置し、九州の中心都市である福岡市から約40kmの距離にあります。福岡市、北九州市という二つの政令指定都市に次ぐ県内3番目となる約30万人の人口を抱える同市は、ゴム産業をはじめとする製造業を中心に「県南の中核都市」として古くから栄えてきました。さらに、バイオ関連産業の育成・振興を目指して福岡県が展開する「福岡バイオバレープロジェクト」の中心地にも位置付けられています。

2016年4月、久留米市の中心市街地である六ツ門地区に、新たなランドマークとしてグランドオープンしたのが久留米シティプラザです。

「老朽化が進んでいた市民会館に代わる文化交流施設として開館しました。医療や企業の発展・交流を促進するためのコンベンション施設としての機能、および中心市街地活性化の役割を担う中核施設としての機能を併せ持っています。久留米ならではのにぎわいと文化、価値を、市民の皆さまと共に創造・発信する拠点として整備しました」(宮原氏)

同施設は、地上6階、地下2階、延床面積約3.4万m²。大中小三つのホールをはじめ会議室や展示室、スタジオ、全天候型広場など多種多様なスペースがあり、中でも施設最大の目玉となっているのが、音楽イベントの開催を主目的とした大ホール「ザ・グランドホール」です。1階から4階までの4層の空間に約1,500の客席を配し、ホール全体の空間を大きく取ることで優れた音響性能を実現しました。

久留米シティプラザを運営する久留米市は、2015年10月、この施設の設備管理業務の委託業者を条件付一般競争入札で募集しました。入札の結果、受託したのがアズビル株式会社です。

「これまでも久留米市の市庁舎をはじめ、主要な公共施設の設備管理をアズビルに委託してきました。久留米シティプラザは当市の公共施設の中でも特に大規模な建物となり、設備管理にも高度なノウハウが必要です。豊富な実績を持つアズビルに委託できたことで、我々としても大きな安心感を得ています」(田中氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.1(2017年02月発行)に掲載されたものです。