HOME > 納入事例 > 建物分野 > シチズン電子株式会社

シチズン電子株式会社

生産量が増大し続けている工場で
生産を止めずに設備更新を行い省エネルギーを実現

シチズン電子では、老朽化した設備の更新に加え、生産量に合わせて増大する使用エネルギーに対する省エネ対策が大きな課題となっていました。生産を止めることなく機器をリプレースし、長年にわたる設備拡張の中で複雑化してしまった配管を整理するなどの施策を実施し、安定稼働の実現と省エネルギーの目標を達成しました。

生産活動が急速に拡大する中で、省エネルギーが切実なテーマに

三つあるコンプレッサ室の一つ。コンプレッサの設置位置や複雑化していた配管を見直し、レシーバータンクを含めて再設計を行った。

三つあるコンプレッサ室の一つ。コンプレッサの設置位置や複雑化していた配管を見直し、レシーバータンクを含めて再設計を行った。

シチズン時計株式会社の子会社として電子デバイス事業を展開するシチズン電子株式会社。1970年に音叉(おんさ)時計*1を作る会社、株式会社ブローバ・シチズンとして創業した同社は、1977年に現社名に変更し、時計開発にかかわる精密加工技術や精密パッケージング技術を駆使したLEDやスイッチ、ブザーといったデバイス製品を市場に供給してきました。特にLEDの領域では、1983年に世界初の表面実装タイプとなるチップLEDランプを開発したことでも知られ、現在では携帯電話などに使われているタクティルスイッチや大光量の照明用LEDのほか、スマートフォンのバックライトに採用されている小型・薄型の白色LEDなど、我々が日常目にする多種多様な製品に同社のデバイスが採用されています。

時代とともにますます市場ニーズが高まる製品を提供する同社では、生産活動が急速に拡大する中で、環境保全に向けた取組み、特に省エネルギーをいかに実現していくかが、重要なテーマとして浮上してきました。

同社では、1990年にISO 14001*2の認証を取得し、環境マネジメントの取組みを常に企業経営と一体化させて展開するとともに、省エネ法*3上の第一種エネルギー管理指定工場として、同法の要件を満たす取組みなども継続して行っています。生産設備の稼働状況に応じてこまめに電源をオン/オフするなどの活動を社内に周知徹底してきましたが、省エネ観点での抜本的な施策には着手できていませんでした。

「当社においては、生産品の供給を決して滞らせないことが大命題です。生産に必要なコンプレッサなどの設備が老朽化し、エネルギー効率上の課題を抱えていることは分かっていても、自社で更新しようと思うと生産ラインを止めるという発想しかありませんでした。24時間365日の操業をある一定期間、停止するリスクを考えると、生産設備に手を加えるという決断には、なかなか踏み切ることができない状況でした」(郷田氏)

「2012年秋に商工会議所で行われた省エネ説明会に参加し、省エネ診断を受けたところ、生産設備の老朽化による非効率性が指摘されました。生産継続と省エネルギーという相反する課題が当社に重くのしかかっていました」(渡辺氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.2(2017年04月発行)に掲載されたものです。