HOME > 納入事例 > 建物分野 > 公立大学法人 静岡文化芸術大学

公立大学法人 静岡文化芸術大学

最新の統合化セキュリティシステムの導入で
大学の安全性確保、利便性向上、施設管理の効率化を実現

静岡文化芸術大学では、2000年の開学以来運用を続けてきた入退室管理システムが老朽化し、機密度の高い教員研究室への入退室管理、および教員の在室状況表示などにおいて課題が浮上していました。新たなシステムへの更新を実施し、入退室情報に連動して教員の在室状況を把握する仕組みに加え、FeliCa規格の非接触ICカード導入によりセキュリティ面だけではない多目的な利便性が向上。さらに、設備を含めた建物全体を一括で管理する体制の充実を図りました。

入退室管理・在室表示において、老朽化と運用をめぐる課題が浮上

2000年に公設民営方式の私立大学として、静岡県浜松市に開学した公立大学法人 静岡文化芸術大学。現在では、文化政策学部、デザイン学部および大学院を擁する公立大学法人として教育・研究活動を展開。地域、国際、世代など様々な観点で「開かれた大学」を目指し、地域と文化に貢献する人材輩出に向けた取組みに注力しています。

「当大学の理念は、時代の要請に応える『実務型の人材育成』です。純粋なアーティストを育てるというよりは、アーティストのマネジメントに携わる人材や、企業のデザイナーとして商業デザインの分野を担う人材の育成を念頭に置いた教育を行っています」(鈴木氏)

一般に大学内にある教員の研究室などでは、研究資料といった機密性の高い情報が管理されているため、入退室に関する十分なセキュリティ対策を施すことが求められます。静岡文化芸術大学では、2000年の校舎竣工時から、北棟の高層階に並ぶ教員研究室の出入り口に電気錠を設置し、教員が磁気カードを使って施錠/解錠を行っていました。

「しかし、12~13年にわたって運用する中で老朽化が目立ち始めてきました。磁気カードをカードリーダに通す操作の繰り返しでカードが摩耗するため、読み取りエラーが頻発しており、加えて、身分証となる教職員証も入退室カードと兼用していたため、摩耗で表面が見えなくなり多くのカードの再発行を行っていました」(村木氏)

一方で、校舎の学生ホール、西エントランスなどには各教員の在室状況を示す出退表示LEDランプがあり、現在の教員の在室状況を学生などが確認できる設備も整えていました。

「出退表示LEDランプ上での在室状況表示については、教員が入室/退室のたびに、内線電話を操作して表示を切り替えていました。しかし、操作を忘れるなど、正しい状況が反映されていないこともあり、課題となっていたのです」(鈴木氏)

学生ホールに設置された教員の在室状況を表示する液晶ディスプレイ。各教職員の「在室」「学内(講義中)」「外出」「不在(帰宅)」を表示している。また、画面のレイアウトや色使いなどは、ユニバーサルデザインに基づいて設計されており、色覚障がい者にも容易に視認できるよう工夫されている。

学生ホールに設置された教員の在室状況を表示する液晶ディスプレイ。各教職員の「在室」「学内(講義中)」「外出」「不在(帰宅)」を表示している。また、画面のレイアウトや色使いなどは、ユニバーサルデザインに基づいて設計されており、色覚障がい者にも容易に視認できるよう工夫されている。

教員の在室情報は、学内ネットワークに接続されたパソコンからも参照可能。教員間で相互の所在確認を行う手段として広く活用されている。

教員の在室情報は、学内ネットワークに接続されたパソコンからも参照可能。教員間で相互の所在確認を行う手段として広く活用されている。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.3(2017年06月発行)に掲載されたものです。