HOME > 納入事例 > 建物分野 > 新潟県厚生農業協同組合連合会 糸魚川総合病院

新潟県厚生農業協同組合連合会 糸魚川総合病院

ESCOと国庫補助事業の活用で病院の省エネ対策を推進
設備更新と運用改善で大幅なコスト低減を実現

新潟県厚生農業協同組合連合会 糸魚川総合病院では、ESCOスキームと国庫補助事業の活用により、老朽化した熱源設備の刷新による省エネ施策に着手しました。電気、ガス、重油という各エネルギー源を、価格の変動などに応じて使い分ける熱源設備の運用と省エネルギーにつながる設備・制御の導入により、目標値を大きく上回るエネルギー使用量の削減とコスト低減を実現しています。

設備老朽化への対応や省エネ施策と、新棟増築によるエネルギー増加が課題

中央監視システムをsavic-net FXにリニューアル。従来使用していたSAVICTM500に比べて、監視画面がグラフィカルになり、操作性も大きく向上している。

中央監視システムをsavic-net FXにリニューアル。従来使用していたSAVIC™500に比べて、監視画面がグラフィカルになり、操作性も大きく向上している。

新潟県の最西端に位置し、南は長野県、西は富山県と境を接する糸魚川(いといがわ)市。世界最古のヒスイ文化発祥の地であり、質・量ともに国内随一のヒスイの産出地として知られます。また、2015年には北陸新幹線が開通し、首都圏や北陸方面からのアクセスが良くなり、にぎわいを見せています。同市唯一の総合病院である新潟県厚生農業協同組合連合会 糸魚川総合病院は、1938年3月に上越医療購買利用組合連合会 上越病院の糸魚川分院として開院。以来、糸魚川市における地域医療の中核を担う基幹病院の役割を果たしてきました。1991年には、診療機能と健診活動の充実による、予防から治療までの一貫した医療サービスと快適な環境づくりを目指し、現在の場所に建物を移転新築。1993年に介護老人保健施設「なでしこ」を併設し、高齢社会に対応した総合医療供給体制を整える一方、1996年には災害拠点病院の指定も受けています。

「病院施設が竣工してから25年以上たっており、熱源設備の老朽化が進む中、応急処置を施しながら動かしている状態でした」(横山氏)

同病院では、社会的な要請が高まる省エネルギーの推進についても、公共性の高い事業者として必要性を認識していましたが、設備のリニューアルなどの大規模な取組みになかなか着手できませんでした。

「一方で、当病院では24時間365日の救急医療体制の強化を目指し、救急外来棟を増築する計画も進んでいました。新棟の稼働が始まれば、電力などのエネルギーコストがさらに増大し、省エネ法※1においても第二種エネルギー管理指定工場になり、事業者として省エネ法に対応した取組みの必要性が生じることが予想されました」(塚田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.5(2017年10月発行)に掲載されたものです。