HOME > 納入事例 > 建物分野 > Solaire Resort & Casino

Solaire Resort & Casino

24時間365日で安定した環境を要求される
カジノ複合リゾート施設の快適空間を実現

フィリピンでは国家的事業として、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港近くのベイエリアで「マニラ・ベイ・エンターテインメント・シティ」の開発が進んでいます。この一角にあるのが、ホテル、カジノなどの複合型リゾート施設「Solaire Resort & Casino」です。段階的に開発を進めている同施設では、先行プロジェクトで起こった設備の監視・制御を巡る課題を踏まえ、監視・制御システムの構築を新たなパートナーに依頼。施設の快適性を実現し、お客さま満足度の向上につなげています。

第1期プロジェクトでの課題解消に向けて模索

太平洋に浮かぶ大小合わせて7,000以上の島から成るフィリピン。東南アジア特有の活気あふれる雰囲気の中、ショッピングやエステはもちろん、美しいリゾートビーチでのマリンスポーツなど様々な楽しみ方があり、世界中から観光客が訪れます。フィリピン政府も、近年、観光事業の強化を積極的に推進しており、グロリア・マカパガル・アロヨ元大統領政権以来、道路などのインフラ整備、あるいは世界規模での観光キャンペーンを展開するなど、より多くのインバウンド顧客の受入れを目指した施策に注力してきました。

現在、フィリピン政府は首都マニラのニノイ・アキノ国際空港近くのベイエリアで、国家的事業のリゾート施設「マニラ・ベイ・エンターテインメント・シティ」の開発を進めています。

この開発中の地域では、四つの大型カジノ複合リゾートが進出しており、その一つがBloomberry Resorts Corporation(ブルームベリー・リゾーツ)が開発を手がけているSolaire Resort & Casino(ソレア リゾート&カジノ)です。ここは、ホテルやショッピングモール、レストラン、劇場、カジノ、会議場などを備える複合施設であり、開発は段階的に進められ、2013年3月に第1期プロジェクトとして、客室数500を備えたホテルであるベイタワーを含む施設が竣工しました。

「第1期プロジェクトの空調、電気設備の監視・制御システムを構築するシステムインテグレータはフィリピン国内の企業が担当しました。ところがベイタワーエリアの開業後に、設備の運営に関する様々な課題が浮上してきました。例えば温度計測です。中央監視装置では22℃という適正な温度が表示されていましたが、お客さまからのご指摘を受けて現場で計測してみると27℃となっており、現場と中央監視装置で室内温度が食い違っているケースも少なくありませんでした」(Ordaniel氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.6(2017年12月発行)に掲載されたものです。