HOME > 納入事例 > 建物分野 > Solaire Resort & Casino

Solaire Resort & Casino

将来的に各施設の監視・制御環境を統合化していく構想も描く

ソレア リゾート&カジノでは、スカイタワーエリアでの取組みにおいて期待どおりの成果を上げていますが、将来的には先行して開業したベイタワーエリアで導入したシステムをsavic-net FXに統合し、両施設における設備の監視・制御を一元的、集中的に行うというビジョンも描いています。

「一方、当社では現在、ベイタワー、スカイタワーに続く同敷地内の第2期のプロジェクトや、ケソン市に新たなカジノ複合リゾートの建設に向けた準備を進めています。それらにおいてもパートナーとして、ぜひアズビルフィリピンの採用を会社に推薦したいと考えています。将来的には三つの施設にかかわる設備管理の統合化に向けた可能性も探っていければと思っています」(Pajid氏)

「現在、マニラ・ベイ・エンターテインメント・シティにおいて当社が運営している施設には、1日当たり3,000人が訪れます。すべてのお客さまに快適に過ごしていただける環境を提供していくことこそが、我々の重要なミッションです。アズビルフィリピンには、今後も我々の取組みをしっかりと支えていってくれることを大いに期待しています」(Ordaniel氏)

ソレア リゾート&カジノのホテル客室。ゲストが快適に過ごすことができるようにアズビルの監視・制御システムが最適環境を実現している。

ソレア リゾート&カジノのホテル客室。ゲストが快適に過ごすことができるようにアズビルの監視・制御システムが最適環境を実現している。

Solaire Resort & Casino開発プロジェクト

Solaire Resort & Casino開発プロジェクト

※savic-net、savic-net FXは、アズビル株式会社の商標です。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.6(2017年12月発行)に掲載されたものです。