HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 武藤建設株式会社ビルダーワン

武藤建設株式会社ビルダーワン

伝統あるアメリカ様式にこだわり住めば住むほど価値のある家作りに
「きくばり™」が活躍。

快適な空間づくりとサポート体制への信頼から「きくばり」によるセントラル空調を提案

大規模な広域開発プロジェクトから個性豊かな店舗づくりまで、北関東エリアを中心に多彩な住空間をプロデュースする武藤建設株式会社。その一翼を担うシーズホーム事業部は、株式会社シーズピーアンドディーを前身とするアメリカンハウスの専門メーカーです。

「日本では家の価値は築年数が経てば経つほど下がると思われていますが、アメリカではそこに住む人が手を加え、メンテナンスを重ねることで、ますます家の価値を高めています。私たちシーズホームが提案する住まいは、まさにアメリカ式発想の、住めば住むほど価値のある家です。資材から工法、設備まですべての面で伝統のある北米様式にこだわり、細かな点まで高い品質を実現することで、他の輸入住宅とは一線を画すアメリカンハウスに仕上げています」(シーズホーム事業部・山形事業部長)

伝統のある北米様式住宅。その特長は2×4工法ならではの耐久性と設計自由度の高さに加え、高気密・高断熱構造の特性を生かしたセントラル空調により快適な居住空間を維持できることです。

「日本では室内の冷暖房といえばルームエアコンという考えが一般的ですが、アメリカでは屋内全体を同じ温度・湿度に保ち、換気や塵埃除去もできるセントラル空調が標準になっています。また、初期投資はかかっても、ランニングコスト、快適性まで考えれば断然、セントラル空調のほうが低コストといえるでしょう。そのため当社では積極的にセントラル空調をご提案しており、1999年(平成11年)度は5割、2000年(平成12年)度は7割の案件で山武のセントラル空調(現:全館空調)システム『きくばり*』を導入します」(山形事業部長)

「空調の70%は施工で決まるといわれていますが、山武は設計段階から参画し、冷暖房はもとより、風速や静けさも大切なポイントと考え施工してくれます。また、365日24時間体制のホットラインサービスもあります。こうしたシステムの信頼性とサポート体制の安心感が、『きくばり』を提案する決め手となっています」(シーズホーム事業部・田尻主任)

アメリカンハウスの伝統と最新のシステムをひとつにすることで、オーナーの満足をかたちにするシーズホーム。その魅力あふれる住まいが、水戸市の住宅地に並ぶ笹目邸と近藤邸です。

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2000年11月号に掲載されたものです。