HOME > 納入事例 > 住宅分野 > フロンヴィル株式会社/長崎邸

フロンヴィル株式会社/長崎邸

オーナー、住宅メーカー、空調メーカーのコラボレーションによる理想の家づくり

広々としたリビングダイニングスペース

広々としたリビングダイニングスペース

長崎邸オーナーの長崎利一氏は、現在の家を建てるに当たり、2年半前から家づくりについての研究と模索を続け、景観環境を含めた土地選定から“こだわり”を持ち続けてきました。そうした模索の中から、高い住宅性能を追求し続けるフロンヴィル株式会社に出会いました。長崎氏は、「3軒建てなければ理想の家づくりはできない」といわれる中、33歳で家を建てるに当たり、1軒目で理想の家づくりをしたいと考えたといいます。

「高額な投資を要する家づくりにおいて、投資対効果の高い快適な家を作ることを目指したとき、セントラル空調システムの導入は必須条件でした。イニシャルコストがやや高くなるように見えても、上質の室内空気環境を享受しながらランニングコストで吸収できるなら、それが最もいい家づくりになるはずだと考えました」(オーナー 長崎氏)

「快適な暮らしを実現するためには高いレベルで室内空気環境を実現しなければなりません。そのためには家を“トータルなシステム”ととらえ、天然素材や高気密高断熱性によって高機能を実現すると共に、その住宅性能にふさわしいレベルの空調システム導入が欠かせません。現在わが社が考えるそうした高レベルの室内空気環境を実現できるのは、山武のセントラル空調(現:全館空調)システム『きくばり™』以外に考えられない状況です」(フロンヴィル株式会社 深谷取締役)

長崎邸では、オーナーの理想、ハウスメーカーの理想、そして空調機器メーカーの理想、その三つが三位一体(さんみいったい)となって、高いレベルでの快適と満足を実現した家づくりが完成したといえます。そのためには、住宅性能と空調性能が高いレベルでバランスの取れるようコラボレーションを深めることが重要になってきます。

山武の「きくばり」は「電子式エアクリーナ」が標準装備され、常に浄化された空気が循環される仕組みが構築されています。そのためダクトを含めた空調システム全体が初期性能を維持することができます。自動車部品メーカーのエンジニアである長崎氏は、仕事上、山武製品の技術力に接する中から、「きくばり」の電子式エアクリーナが発揮する高い性能に着目し評価したことも、「きくばり」の導入につながったとしています。

 

オーナー 長崎氏ご夫妻

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2004年12月号に掲載されたものです。