HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 東名ホームズ株式会社

東名ホームズ株式会社

全館空調を知り尽くした欧米人にさらなる快適を提供するために

キッチンから見たダイニングスペース

キッチンから見たダイニングスペース

一般に、欧米人は赴任に当たって、ファミリーで来日することが多く、一戸建て住宅への要望が高いといいます。東名ホームズ株式会社では、こうしたニーズに応えて、外国人向け高級賃貸住宅のビジネスを早くから名古屋において展開してきました。オーナーが土地を提供し、東名ホームズが外国人居住者に見合う住宅の設計・建設・賃貸管理までを一貫して行うのが、同社のビジネスモデルです。

このビジネスにおいて重要なことは、レベルの高い、快適な住環境の完備だといいます。欧米において豊かな住環境で暮らした人々にとって、これは欠かせない要件です。オール電化、耐震・耐火・セキュリティを十分に確保すると共に、全館空調による快適環境の実現も欠かせません。そこで東名ホームズでは、ツーバイフォーによる高気密高断熱住宅を建設し、すべての賃貸住宅に山武のセントラル空調「きくばり™」を導入しています。

ダイニングキッチン

ダイニングキッチン

「セントラル空調は、欧米ではほとんどの住宅に導入されている状況ですから、レベルの高いシステムの導入が絶対条件です。各社のシステムを見てきましたが、山武の『きくばり™』が実現してくれる質の高い快適環境とランニングコストの安さは、十分に私たちのビジネスモデルを支えてくれています」(東名ホームズ 坂部社長)

東名ホームズでは、中部電力の土地有効活用事業に参画し、外国人向け高級賃貸住宅ビジネスを展開していますが、そこで建設される住宅のすべてに、山武の「きくばり™」を導入しています。

今回の取材で訪れたスキアホーンファミリーは、3年間滞在の予定で、この家に居住しています。

「アメリカでセントラル空調に慣れてきましたが、この住宅の快適さは、レベルが一段高いものだと感じています。階上と階下の温度差がなく、しかも強力な電子式エアクリーナでハウスダストやにおいまで除去してくれる環境は、このままアメリカに持って帰りたい気持ちです」(スキアホーン氏)

オーナーの川瀬氏は、土地の一角に広い駐車場を備えた瀟洒(しょうしゃ)な喫茶店を開き、傍らに自宅を建てていました。その隣に賃貸住宅を建設したのです。そうした環境で、居住者の外国人とアットホームな付き合いを広げています。

「隣家に賃貸住宅を持っている以上、居住環境への不満などが出たらという不安がないわけではありませんでしたが、これまでに居住したファミリーはみな、その快適さを十分に喜んでくれ、堪能したと語ってくれています」(オーナー 川瀬氏)

リビングルーム

リビングルーム

吸入口

吸入口

お嬢さんが作ったドアメッセージ

お嬢さんが作ったドアメッセージ

外観

外観

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2005年03月号に掲載されたものです。