HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 吉岡喜一郎邸 / 住友林業株式会社

吉岡喜一郎邸 / 住友林業株式会社

全館空調システム導入で、
一年中温度差のない快適な暮らしを実現

西日が当たっても、温度を自動的に調整、快適に過ごせるリビング。

埼玉県久喜市に住む吉岡喜一郎、好子ご夫妻は老後の快適な生活を送るため、高い断熱・気密性を確保した住友林業の注文住宅に山武の全館空調システムを組み込んだ住宅を新築。年間を通して、トイレや廊下、納戸なども含めて家中がほぼ同じ温度で保たれた、望みどおりの快適な住まいが実現しました。

家中、温度差がない全館空調の良さをモデルハウスで体感

埼玉県東北部、都心まで50km圏内に位置し、古くは職人や商人の街、近年はベッドタウンとして発展してきた久喜市。JR久喜駅からバスで5分余りの住宅地に立つ家が吉岡喜一郎邸です。

ご主人の喜一郎さんは、若いころから取り組んでいる謡曲を十数人のお弟子さんに指導したり、地域の仲間たちとテニスやソフトボールをするなど活動的な毎日を過ごしています。一方、奥さまの好子さんも着物の着付けを自宅で教えるほか、地域の合唱団に参加するなど充実した生活を送っています。そんな吉岡夫妻が家を建てることにしたのは2007年秋のことでした。

「今まで住んでいた家は築後30年ほど経っており、お風呂や台所などのリフォームを数回行っていました。これからも住み続けるとなれば、さらに手を入れなければなりません。悩んでいたところ、運よく、お向かいの土地を購入することができ、すぐに新しい家を建てようと決めました」(喜一郎さん)

建てるなら和風住宅にしたいと考えていた吉岡夫妻は、2008年1月、住宅展示場に行き、興味を持っていた住友林業のモデルハウスに入りました。

「お正月の寒いころでしたが、玄関に入るなり暖かいのです。どこにもエアコンが見当たらなかったので営業の方にお聞きしたら全館空調ということでした。家中どこにいても暖かく、すっかり気に入ってしまい、間もなく契約をしました」(喜一郎さん)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年01月号に掲載されたものです。