HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 豊栄秀次邸

豊栄秀次邸

住居の建て替えに際して全館空調を導入
健康で楽しい生活を支える快適さを享受

豊栄秀次邸

東京都八王子市にお住まいの豊栄秀次・綾子ご夫妻は、家屋の建て替えを機に全館空調を導入。コンパクトな設計が特徴の「きくばり™eシリーズ」を採用しました。全館空調により、夏季、冬季の寒暖差が激しい環境においても、1年を通して快適に過ごせる居住空間を実現。その快適性に満足されています。

寒暖差の激しい環境でも快適に過ごせる居住空間を

全館空調システムの冷暖房を制御するコントロールパネル。1階の居間に設置されている。

全館空調システムの冷暖房を制御するコントロールパネル。1階の居間に設置されている。

東京都の南西部、都心から約40kmに位置する八王子市。関東山地の一部である高尾山や陣馬山(じんばさん)などの山々を西端に、東にひらけた緑豊かな扇状地に昔ながらの自然を色濃く残すこの街は、都心へのアクセスにも優れ、古くからベッドタウンとして発展してきました。そんな八王子市の西部の閑静な住宅街にあるのが豊栄秀次・綾子夫妻のお宅です。現在、このお宅には、ご夫妻、そしてご長女の3人が暮らしています。

ご主人の秀次さんは、都内のバス会社で30年以上、運転手として勤務してきましたが、2010年10月に退職。現在は、これまで夫人の綾子さんに任せきりだった料理や掃除といった家事もするようになりました。一方の綾子さんは、45年のキャリアを誇るベテランの看護師として、今も医療の現場の前線で活躍中です。お二人に、それまで長年住み続けた住居の建て替えの話が持ち上がったのは、2011年初めのことでした。

「以前の家は築後28年を経過していて、屋根や外壁にも傷みが生じるなど老朽化も目立ってきていました。そうした折、住友不動産に勤めている息子から、そろそろ建て替えてはどうかという話があり、それに従うことにしました」(秀次さん)

その際に、建築士でもある息子の徹さんから併せて提案があったのが、新邸への全館空調システムの導入でした。

「八王子は内陸部の小盆地に位置し、夏季、冬季の寒暖の差が激しいのが気候上の特徴です。そうした環境で、両親に快適に過ごしてもらうために、自分自身が仕事上でかかわり、その快適性を体験していた全館空調をぜひ入れたいと考えました」(徹さん)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年02月号に掲載されたものです。