HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 井原辰吾様邸/住友林業株式会社

井原辰吾様邸/住友林業株式会社

14年前から全館空調を導入、
太陽光パネル、オール電化と併せ、ゼロエナジー住宅の先駆けに。
長期にわたり快適な生活空間を実現

大阪府高槻市にお住まいの井原辰吾・由美子夫妻は、2001年に建て替えた住居に全館空調を導入。ご主人が米国出張時に訪れたホームパーティで全館空調を体感したことをきっかけに、全館空調を検討。その後、他メーカーと比較した上でアズビルの全館空調システムを採用しました。導入から14年間がたち、今では健康で快適な生活を送るのに欠かせない存在になっています。

老朽化した住居の建替えを機に全館空調の導入を検討

大阪府の北摂(ほくせつ)地域にあり、約35万人が暮らす高槻市。大阪市と京都市の中間に位置する利便性に加え、桜の名所として有名な摂津峡に代表される豊かな自然環境、治安の良さなどから、住みやすい街として評価が高まっています。

その高槻市北部の閑静な住宅街に、井原辰吾・由美子夫妻のお宅があります。北米住宅を彷彿(ほうふつ)させる外観や、吹抜けの明るいリビングが印象的なお住まいには、夫妻と辰吾さんのご両親が暮らしています。辰吾さんはライフサイエンス業界での経験が長く、現在は外資系の医薬品開発向け実験器具メーカーに勤務されています。由美子さんも大手化学メーカーの大阪市内のオフィスで働いています。お二人の共通の趣味はゴルフで、月に4~5日は近郊のコースでプレーされているそうです。

井原夫妻が建替えの検討を始めたのは2000年のことです。

「かつてこの場所には、私の祖父と父の建てた家が棟続きでありました。老朽化で隙間風が吹くようになり、昔ながらの各部屋を通らないと移動できない廊下のない間取りも生活スタイルに合わなくなっていたので、そろそろ建て替えようという話になりました」(辰吾さん)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.4(2015年08月発行)に掲載されたものです。