HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 杉浦淳様邸/安城建築株式会社

杉浦淳様邸/安城建築株式会社

欧州で体感した快適さと、空気のきれいさを求め、
多くの住宅展示場を巡った末に選んだ全館空調

愛知県知多郡武豊町にお住まいの杉浦淳・満紀ご夫妻は5年前に自宅を新築。その際、以前からの希望であった全館空調システムを導入、アズビルの「きくばり」を採用しました。導入の結果、検討時に想像していた以上の快適性を実感。加えて電子式エアクリーナの効果で、それまで悩まされていた花粉も気にならなくなりました。

数多くの住宅を見学する中で、全館空調に大きな魅力を感じる

愛知県にある知多半島の中央部、三河湾の臨海部に位置する知多郡武豊町(ちたぐんたけとよちょう)。日本全国にある「浦島太郎伝説」の伝承地の一つとしても知られ、町内には「浦島」「竜宮」「乙姫橋」といった地名が残っています。人口およそ4万3000人、約1万7500世帯が暮らす同町の東側には、国の重要港湾に指定される衣浦港(きぬうらこう)があり、1960年代に埋め立てられた沿岸地域には衣浦臨海工業地帯が広がっています。南部には田園・丘陵が広がる一方、北部は商業・住宅地域の開発、交通網の整備も急速に進み、名古屋市のベッドタウンとしても注目されています。そんな武豊町北部の閑静な住宅街にあるのが杉浦淳・満紀ご夫妻のお宅です。

淳さんは、電気設備関係の仕事に就かれており、満紀さんは住宅設備機器の会社にお勤めです。中学2年生と小学5年生の娘さんの4人家族で、クイーン・アン様式*1と呼ばれる英国風の瀟洒(しょうしゃ)な意匠がひときわ目を引く住居にお住まいです。この邸宅が竣工したのは2011年5月のことでした。

「もともと二人とも家を見て歩くのが好きで、結婚する以前から住宅展示場を一緒に見て回っていました。まだ具体的に建てる計画もないのにパンフレットをもらってきては、自分たちの住む家のイメージを練り、ずっと夢を膨らませてきました。しかし、最終的に、こうした英国風の輸入住宅を建てることにしたのは、ひとえに妻の趣味なんです」と笑顔で話す淳さん。

「住宅の流行も時代によって変化しますが、英国風の住宅も純日本家屋と同様に、建ててから10年、20年と年月を経て建物自体が古くなってきても、陳腐化せず、時を重ねるごとに味が出てくると思います」(満紀さん)

意匠面に加えて、ご夫妻が住宅を建てる際の条件としていたのが、全館空調システムの導入でした。

「以前、欧州の家庭を訪れる機会があり、そこで初めてセントラルヒーティングを体感しました。欧州は冬が寒いので温水を家中に流して温めるというものでしたが、これを体感したときに、自分も将来、家を建てるときは全館空調の家にしたいと思いました」(満紀さん)

住宅展示場などで様々な家を見るうちに、お二人は家中が一定温度に保たれている全館空調の快適性に触れ、いつしかそれが自宅を建てる際の必須要件になっていたといいます。

リビングやキッチンなどは遮るものがなく開放感あふれる間取り。広い空間であっても効率的に空調できるように計算された場所に温風・冷風の吹出口があるので、快適に過ごすことができる。意匠面にもこだわり、飾り二重天井を利用してダクトが通されている。

リビングやキッチンなどは遮るものがなく開放感あふれる間取り。広い空間であっても効率的に空調できるように計算された場所に温風・冷風の吹出口があるので、快適に過ごすことができる。意匠面にもこだわり、飾り二重天井を利用してダクトが通されている。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.5(2016年10月発行)に掲載されたものです。