株式会社ラック

従来型の対策だけでは、標的型攻撃は防ぎきれない
新たな対策ソリューション提供のための体制を整備

情報セキュリティ対策にかかわる広範なサービスを提供する株式会社ラック。同社では、近年、脅威が高まる標的型攻撃に向けた対策ソリューション構築の一環として、Windows®ネットワークの通信を可視化する製品を採用しました。一般的なセキュリティ対策製品だけでは対応しきれない新たな攻撃に対しても、有効なソリューションを提供できる体制を整えました。

対策が困難な標的型攻撃に効果的なセキュリティ製品を検討

あらゆる脅威に精通したセキュリティのプロフェッショナルが顧客のセキュリティ管理を遠隔から行っているラックのJSOCでは、異常な通信などを発見すると即座に解析、顧客へ連絡し対策を行うなどサイバー空間での脅威からお客さまを常に守っている。

あらゆる脅威に精通したセキュリティのプロフェッショナルが顧客のセキュリティ管理を遠隔から行っているラックのJSOCでは、異常な通信などを発見すると即座に解析、顧客へ連絡し対策を行うなどサイバー空間での脅威からお客さまを常に守っている。

株式会社ラックは、国内における情報セキュリティ対策の先駆者として、コンサルティングからシステムの設計・構築、さらには監視や診断、事故対応まで幅広いセキュリティ関連サービスを展開しています。企業活動や日常生活においてIT・ネットワークへの依存度が高まる中、増え続けるセキュリティ上の脅威から、システムや情報資産を保護するためのソリューションを提供。セキュリティ対策で広く社会に貢献するとともに、政府機関に招かれて国家レベルでの提言や支援を行うなど、まさに業界を牽引するセキュリティソリューションベンダーとして知られています。

同社では、社内の情報システム部門に、新たに「スマート・ビジネス・ファクトリー」と呼ばれる組織を設置しました。社内システムの構築・運用といった従来業務に加え、今後、目指していく新たなセキュリティサービス、ソリューションの開発・提供につなげていくために、市場にある先進的なセキュリティ製品を自ら積極的に導入し、テストやモニタリング、評価を行っています。

「特に近年では、標的型攻撃※1が企業や公共団体にとって大きな脅威になっています。当社でもそうした攻撃に効果的な対策ソリューションの構築に、大きな力を割いて臨んでいます」(加藤氏)

「標的型攻撃への対策を考えたとき、インターネットの出入口でウイルスなど、不正プログラムの侵入や不正な通信を検知し、防御するための製品は数多く市場に登場しています。しかし、常に新たな攻撃手法が編み出されている状況にあり、不正プログラムの侵入を100%防ぐことは不可能です。侵入された後のことを想定し、組織内ネットワークでの怪しい通信を確実に捉えられる仕組みをつくることが必要だと考えています」(小笠原氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.1(2016年02月発行)に掲載されたものです。