HOME > アズビルについて > 会社PR > ショールーム・事業所見学 > 省エネ見学会 > 見学会の見どころ:省エネへの取り組み事例

見学会の見どころ ─省エネへの取り組み事例─

省エネへの取り組み事例

<省エネのコンセプト>

藤沢テクノセンターで「測る」「眺める」「制御する」というコンセプトの元、省エネを推進してきました。

  • 「測る」 ⇒ データで語る
  • 「眺める」 ⇒ データをグラフ化、現場を想定しデータを比較
  • 「制御する」 ⇒ 改善案に基づいた対策、個々の対策について総括的なマネジメント
エネルギー計測管理システム図

<計測> まず省エネはモニタリングから始まる!

各設備の使用エネルギーを把握することが省エネの基本です。アズビル(株)では、電力だけでなく、ガス、コンプレッサエアー、水道水などあらゆるエネルギー関連データ、および外気温、湿度データまで一括収集するモニタリングシステムで管理しています。収集したデータは、イントラネットを介し、従業員全員が手元のパソコンでいつでもどこでもチェックすることが可能となっています。

<熱源更新> BEMS (Building Energy Management System) 活用

BEMSデーターの活用により、最適な熱源容量、CGS発電出力を選定。マイクロコージェネレーション3台、排熱投入型吸収冷温水機2台、空冷ヒートポンプチラー2台による「排熱」「ガス」「電気」の最適化を実現しました。

マイクロコージェネレーション3台

排熱投入型吸収冷温水機2台
空冷ヒートポンプチラー2台

<照明> 入退出データと照明の連動制御

居住者が自席の照明位置を登録(ホームポジション登録)することにより、入退出データを活用し照明の点灯・消灯を自動でおこなっています。



オフィス・クリーンルームにおける空調省エネ事例へ