HOME > アズビルについて > 会社PR > ショールーム・事業所見学 > 省エネ見学会 > 省エネ工場見学会の見どころ:CO2排出量推移

省エネ工場見学会の見どころ ─CO2排出量推移─

藤沢テクノセンター(旧:藤沢工場)概要

  • 所在地:〒251-8522 神奈川県藤沢市川名1-12-2
  • 事業所役割:研究・開発・エンジニアリングの拠点
  • 操業開始:1961年
  • 敷地面積:29,000m²
  • 建物面積:53,000m²
  • 藤沢テクノセンターで働く人数:2,200名(2014年4月現在)
  • ISO14001取得年月日:1996年8月12日

省エネ・環境関連受賞歴:

  • 日本環境経営大賞 表彰委員会特別賞(平成19年度)
  • 日経ニューオフィス推進賞、環境賞(平成19年度)
  • 建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)Sクラス認定取得(平成19年度)
  • 日本環境経営大賞 環境経営部門 環境経営優秀賞(平成17年度)
  • エネルギー管理優良工場等表彰 資源エネルギー庁 長官表彰(平成16年度)
  • エネルギー管理優良工場等表彰 関東経済産業局長表彰(平成13年度)
  • ヒートポンプ蓄熱 運転管理等の改善事例 奨励賞(平成21年)
  • 関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰 最優秀賞(平成21年)
  • かながわ地球環境賞(平成21年)

CO2排出量推移

1996年に研究開発棟を建設(床面積42%増)したため、翌年よりCO2排出量が大幅増加。そのために省エネ活動を1999年より実施、2000年にはエネルギーモニタリングシステムを導入し、省エネ活動の推進を図ってきました。
2016年度 藤沢テクノセンターのCO2排出量は、実験設備の動力増加や外気要因により、前年度比3.8%増加。3,487トンになりました。



省エネへの取り組み事例へ