HOME > アズビルについて > 研究開発 > 研究開発の方向性 > 人間・機械融合システム技術

人間・機械融合システム技術

事例人の手や視覚、知能を機械化し変化に対応できる自動組立システム

人の手や視覚、知能を機械化し、素早く柔らかな動作と作業状態の把握を可能にした全自動組立システム。

特長1.繊細な力加減を実現するアクティブコンプライアンス™

「アクティブコンプライアンス」は、位置・加速度・電流センサと力センシングアクチュエータで構成されたデバイスです。これをロボットの手先につけることにより、力を最適に制御しながら部品を傷つけずに組み立てることができます。また、それぞれのセンサ情報から状態を推定し作業の良否判断をしながら作業をすることができます。

特長2.多種多彩な部品から必要な部品を選び出す画像処理機能

カメラで撮影したブロックの色や形からランダムに配置された部品の種類や位置を認識したり、出来栄えを検査することができます。


自動組立システム動画 (MP4形式/123MB)