マテリアルバランス

製品の開発・設計から、生産、物流、販売、使用・廃棄・リサイクルに至る事業活動全体において、様々な環境保全活動を実施しています。事業活動における環境負荷を定量的に把握し、それぞれの環境保全活動へと展開しています。

環境パフォーマンスデータ集計結果2016年度(2017年3月期)

対象範囲:アズビル(株) 、国内連結子会社及び海外主要生産拠点

■電力 33.3百万kWh
■重油 0.2kl
■軽油 0.1kl
■灯油 43.3kl
■LPG 29.9万m³
■都市ガス 22.7万m³
■ガソリン 13.5kl
■水道 12.5万m³
■紙 13.3百万枚

INPUT

■ガソリン※1 54.4kl
■軽油※1 159.6kl

※1 自社輸送、チャーター便及び運送サービスによるもので、運送業者による託送便は含みません。

INPUT

■電力※2 5.0百万kWh
■軽油 56.6kl
■LPG 0.7万m³
■紙 33.5百万枚
■ガソリン 1,004.3kl
■灯油 4.0kl
■都市ガス※3 5.1万
■熱※4 10,576.6万GJ

※2 テナント空調の電力を含みます。
※3 テナント空調の都市ガスを含みます。
※4 温水・冷水・蒸気及び省エネ法に基づくテナントオフィスの空調エネルギーの推計を合計したものです。

INPUT

開発・設計

環境配慮設計
化学物質管理

調達

グリーン調達

生産

地球温暖化防止
省資源・廃棄物削減
環境汚染予防

物流

輸送の効率化
エコドライブの推進
低公害車の導入

販売

地球温暖化防止
省資源・廃棄物削減
グリーン購入

使用

使用電力削減

廃棄リサイクル

梱包材削減・回収

OUTPUT

■CO2排出量
15.1千トン
■SOx排出量
13.6トン
■NOx排出量
11.0トン
■化学物質大気排出量
44.3トン
■廃棄物等総排出量
1,386.5トン


OUTPUT

■C02排出量
0.5千トン
■SOx排出量
1.1トン
■NOx排出量
7.8トン


OUTPUT

■C02排出量
5.0千トン
■SOx排出量
11.9トン
■NOx排出量
30.5トン


OUTPUT

■CO2排出量
41万トン *

* 環境省・経済産業省「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量の算定に関する基本ガイドライン」を参考に、販売された製品が使用段階で将来的に排出すると想定されるCO2の量を集計しました。