サイトレポート - azbilグループ全体

azbilグループ全体

事業活動自体が環境負荷を増やすことにつながりますが、なるべく少ないエネルギー・資源で製品・サービスをお客さまにご提供し、環境改善に貢献することが重要です。大切なエネルギー・資源を有効活用するため、省エネ・省資源・廃棄物削減活動に積極的に取り組んでいます。

azbilグループ国内

CO2排出量削減について
お客さまや社会のCO2削減に大きく貢献する企業であることを常に意識し、自らの省エネルギー・節電についても、グループ全体で連携しながら積極的に取り組んでいます。

azbilグループ合計 電力消費量

アズビル(株)、国内連結子会社

azbilグループ合計 CO2排出量

アズビル(株)、国内連結子会社

水使用削減について
各種の節水対策を行うとともに、クリーンルームからの排水の再利用や雨水の利用などを実施しています。諸施策を継続し、水使用量を前年実績以下にすることを目標にしています。

azbilグループ合計 水道使用量

国内生産拠点 : アズビル(株)主要拠点(藤沢テクノセンター、湘南工場、伊勢原工場、秦野事業所)、アズビル太信(株)、アズビル京都(株)、アズビル金門(株)(本社事業所、工場)

廃棄物削減について
事業所内で発生した様々な廃棄物は、資源別・種類別に細かく分類し、それぞれ再使用・リサイクル処理するため、廃棄物の集積方法の見直しや、社員への分別方法の周知徹底を図っています。廃棄物の分別に取り組むとともに、総発生量を前年実績以下にすることを目標にしています。

azbilグループ合計 総排出量と再資源化率

国内生産拠点 : アズビル(株)主要拠点(藤沢テクノセンター、湘南工場、伊勢原工場、秦野事業所)、アズビル太信(株)、アズビル京都(株)
このほかに、アズビル金門グループ工場の2016年度の総排出量は、2,001tでした。

azbilグループ海外主要生産拠点


水使用削減について
2016年度の水使用量は、2.5万m³でした。
原単位で前年度以下にすることを目標にしています。

廃棄物削減について
2016年度の廃棄物排出量は、405トンでした。
原単位で前年度以下にすることを目標にしています。

 

azbilグループ全体の集計結果


電力消費量、CO2排出量

azbilグループ全体 電力消費量

アズビル(株)、国内連結子会社、海外主要生産拠点

azbilグループ全体 CO2排出量

アズビル(株)、国内連結子会社、海外主要生産拠点

水道使用量

azbilグループ全体 水道使用量

国内生産拠点、海外主要生産拠点

廃棄物排出量

azbilグループ全体 廃棄物排出量

国内生産拠点、海外主要生産拠点