環境法規制への取組み

環境汚染予防

azbilグループでは、環境汚染予防の観点から、排ガス・排水の定期的な監視測定、除害装置の維持管理、化学物質の適正管理、緊急事態への訓練などを実施しています。

環境法規制の順守状況

2016年度も、azbilグループにおいて、環境に関する重要な法規制などに対する違反、罰金、科料、訴訟などはありませんでした。

PRTR法への対応

環境影響の大きなジクロロメタンは順次削減を推進し、2009年度に全廃し、維持しています。他の化学物質についても削減を進めます。

PRTR法*対象物質で当グループで1トン以上使用しているものをご報告します。

* 特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律
PRTR:Pollutant Release and Transfer Register(環境汚染物質排出・移動登録)

<PRTR法 第一種指定化学物質>

(単位:トン/年)

事業所名 対象
化学
物質名
取扱量
2012年度
実績
取扱量
2013年度
実績
取扱量
2014年度
実績
取扱量
2015年度
実績
取扱量
2016年度
実績
大気への
排出量
水域・土壌
への
排出量
廃棄物
としての
移動量
自ら行う
廃棄物の
埋立処分量
リサイクル
のための
移動量
湘南工場 トルエン 4.476 5.594 3.900 3.700 2.400 2.400 - - - -
キシレン類 2.353 2.261 2.000 1.870 1.980 1.400 - 0.580 - -
秦野事業所 キシレン類 1.120 - - - - - - - - -
合計 7.949 7.855 5.900 5.570 4.380  
原単位指数(%) 100 99 74 70 55  

※アズビル(株)藤沢テクノセンター・伊勢原工場、アズビル太信(株)は、該当なし(PRTR法対象物質の取扱量が、1トン未満のため)。
※azbilグループ生産再編計画に基づく生産機能の移転により、秦野工場は2014年3月で生産を終了し、秦野事業所となりました。
※原単位指数は、2012年度の原単位を100とした場合の指数です。
※この他、アズビル金門(株)と関連会社の工場での2016年度の取扱量は、39.000トンです。