HOME > CSRの取組み > 基本的責務の遂行 > 環境への取組み > 環境配慮製品・サービス > 製品・サービスにおける環境配慮 > ライフサイクルアセスメント(LCA)の取組み > LCAで環境影響を見極め、対策として消費電力の低減を実現した、汎用光電センサHP7シリーズ

環境アセスメント(LCA)評価 - LCAで環境影響を見極め、対策として消費電力の低減を実現した、汎用光電センサHP7シリーズ

汎用光電センサ
HP7 シリーズ

光電センサとは光を媒体として物体の有無を検出し、電気的なオン/オフ信号を出力するセンサです。投光部と受光部で構成され、投光された光が物体により、遮光または反射した状態を受光部が検出・信号処理し、出力します。

新製品開発にあたり、旧来製品のLCAを実施した結果、製品使用時※1の電力消費の影響が大きいことが分かりました。そこで、電流消費の多い箇所を特定し、(1)投光電流の削減、(2)電圧駆動による削減、(3)専用ICの消費電流削減、(4)新バラツキ設計の導入と、それぞれの方策を実施することで、光電センサの消費電力を旧来製品との比較で約1/2にできました。

※1 製品使用条件は、1日24時間使用、使用期間は10年

省エネルギー性など環境上の課題解決の詳細、および環境面以外の製品の特徴については、技術報告書「azbil Technical Review」(2013年4月発行号)をご覧ください。
自動感度調整機能が付いた汎用光電センサの開発 (PDF/2,702KB)