HOME > CSRの取組み > CSR経営 > CSR経営の取り組み

CSR経営の取り組み

「人を中心としたオートメーション」を事業活動の基盤として、社会の持続的発展に貢献するCSR経営を実践しています。

世界水準の総合オートメーションメーカとして、お客様と社会の持続可能な発展を目指し
人を重視した、経済・環境・社会への積極的な貢献に努めています。

取組み内容

社会に存立する上で果たさなければならない基本的責務の遂行を「基本的CSR」、本業を通じた社会への価値提供や自主的な社会貢献を「積極的CSR」として、これら両輪を回したバランスのとれたCSR経営を推進しています。

基本的CSR

社会に存立する上で果たさなければならない基本的責務の遂行

高いコンプライアンス風土の構築
詳細は「コンプライアンス」をご覧下さい。
リスク管理の行き届いた経営
詳細は「リスクマネジメント」をご覧下さい。
内部統制の推進
詳細は「内部統制」をご覧下さい。
グループ自らの地球環境への取組み
詳細は「環境への取組み」をご覧下さい。
人を重視した経営
詳細は「社員とのかかわり」をご覧下さい。

積極的CSR

本業を通じた社会への価値提供や自主的な社会貢献
自社の製品とサービスを融合させたazbilグループならではのソリューション提供を通じた社会貢献を推進しています。
詳細は「4つの提供価値」をご覧下さい。
自主的な社会貢献
社員参加型の自主的な社会貢献活動を積極的に支援、推進しています。
詳細は「自主的社会貢献」「azbil みつばち倶楽部」「湘南国際マラソン」をご覧下さい。

CSR経営の取組み領域

取組み領域を整理し、6つの基本テーマを設けてそれぞれにゴールを掲げて取組んでいます。

推進体制

azbilグループCSR推進会議を設け、取組み領域における広範な活動をグループ一体となって推進しています。本会議はグループ各社のCSR推進担当役員と各基本テーマを主管する部門責任者から構成され、アズビル株式会社の取締役会の承認を得て、計画の実行、結果の評価・分析、経営報告を行い、全体のPDCAを回しています。