HOME > CSRの取組み > 本業を通じた社会貢献 > 地球環境への貢献 > 「最適化・見える化」や、エネルギー系統の最適・連携制御でのCO2削減効果の算定方法

「最適化・見える化」や、エネルギー系統の最適・連携制御でのCO2削減効果の算定方法

「最適化・見える化」や、エネルギー系統の最適・連携制御によるCO2削減効果を以下の考え方から算定しました。


  1. 2006年度から2015年度までに販売したazbilグループの製品による、2016年度の一年間のCO2削減効果を算出しました。
  2. お客さまの現場でazbilグループの製品・ソリューションが採用されなかったと仮定した場合との比較でCO2削減効果の算出を行いました。
  3. 熱源設備/動力プラント 全体最適化パッケージU-OPTのCO2排出量削減効果については導入前フィージビリティスタディで算出したデータを使用しました。
  4. コンプレッサ台数制御については第一種エネルギー管理指定工場平均CO2排出量、コンプレッサ使用電力の平均比率と削減率(以上 省エネルギーセンターのデータを参考)を使用しました。

地球環境への貢献に戻る