HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

アズビル株式会社(以下「当社」といいます)は、「人を中心としたオートメーション」という企業理念のもと、株主・投資家、顧客、取引先、従業員、地域社会等、当社を取り巻く多様なステークホルダーの皆様との信頼関係を構築・維持・発展させるため、公正で透明性の高い情報開示を適時・適切に行うとともに、さまざまなコミュニケーション活動を通じて建設的な対話を促進して参ります。

2.情報開示基準

当社は、法令および当社が上場している取引所が定める規則に則り、公正で、透明性の高い情報の開示を適切に行います。また、法令や開示に関する規則に定められた情報以外の情報であっても、当社の経営方針や事業内容に対するステークホルダーの理解を深めるために有用であると当社が判断した経営・財務的側面の情報や、環境・社会的側面などの非財務情報についても、社会から求められる企業活動の重要な情報として認識し、積極的に開示します。

3.情報開示方法

当社は、法令および当社が上場している取引所が定める規則において開示が要求される情報については、それぞれ適切な方法で開示を行うとともに、当社ウェブサイトにおいても、開示後速やかにその内容を掲載します。また、法令や規則において要求される開示情報以外の情報については、ニュースリリースの配信や記者会見および説明会の実施、当社ウェブサイトへの資料掲載等、適宜、適切、正確な方法を用いて情報の開示を行います。

4.沈黙期間

当社は、決算発表準備期間中における情報漏洩を防止し、開示の公正性を保つため、四半期毎の決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、業績およびそれに付随する内容に関する問い合わせへの対応を控えます。但し、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みがでてきた場合には、開示規則に従い適宜公表いたします。

5.業績予想、将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、業績予想及び将来の予測等に関する情報は、当該情報の開示時点において合理的であると判断する一定の前提に基づき作成しており、リスクや不確実性を含んでおります。従いまして、実際の業績は、さまざまな要素により、それらの見通しとは大きく異なる結果となりうることがあります。業績予想や将来の見通しに関する事項に影響を与える重要な要素とは、為替レートや金利の変動、国際情勢、需要や景気の動向のほか、競合環境の変化、生産能力や研究開発の動向などが含まれます。