「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」へ出展 - ICT・IoT時代到来! アズビルが提案する近未来型食品工場 -

2018年6月11日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、6月12日より東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」へ出展いたします。

FOOMA JAPANは、食品機械・装置に使用される商品やサービス、および関連機器に関する技術などの展示を通じて交流をはかり、食品産業の発展に寄与することを目的として毎年開催されている展示会です。

azbilグループは、食品業界に向けて幅広い事業を展開しており、今回アズビルブースでは「ICT・IoT時代到来! アズビルが提案する近未来型食品工場」をテーマに、AI・IoTを活用した最新技術など、お客さまに価値あるソリューションをご紹介します。ぜひ、アズビルブースへお立ち寄りください。

■展示会概要

日時 2018年6月12日(火)~6月15日(金) 10:00~17:00
展示会名 FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展
会場 東京ビッグサイト
当社ブース 東7ホール 小間番号 7K-09
主な出展内容 ・AIによるバッチプロセスの異常予兆検知
・機械学習による思い込みミスの予見・抑制
・画像認識AI搭載エッジコントローラ
・診断機能を備えた電磁流量計
・小型容量式電磁流量計
・食品工場向けMES(Manufacturing Execution System)・トレーサビリティシステム
・作業員安全対策のための機械安全機器
詳細はこちらをご覧ください。

当社はこれからも、azbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、現場の課題解決と価値向上に取り組むお客さまを支援してまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー SSマーケティング部
0466-52-7040