アズビル・アカデミーの「フィールド技術者教育」延べ受講者が6万人を突破 ―「学習する企業体」として、ソリューション人材育成の継続的な取組み―

2014年2月19日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、国内外における人材育成体制強化の一環として設置した当社研修施設「アズビル・アカデミー研修センター」(所在地:神奈川県横須賀市)で実施している「フィールド技術者教育」※1の延べ受講者が、1996年のセンター開設以来の通算実績として、このたび、6万人を突破したことをお知らせいたします。

当社は、お客さまに価値提供のできる人材育成と組織作りに継続的に取り組む「学習する企業体」を目指し、2012年11月に今後の事業展開に求められる社員の能力向上のための「アズビル・アカデミー」を設立しました。

アズビル・アカデミー研修センターは、その前身である山武ビルシステムカンパニー湘南研修センターとして、1996年4月、神奈川県湘南国際村※2にオープンしました。当社および海外現法や協力会社、販売店の社員を対象に、ビルディングオートメーション事業に携わる技術者の育成などを行う研修施設として、現場経験が豊富な当社社員が講師となり、座学・実技研修を実施し即戦力となる人材を育成してきました。

当研修センターは「受講者一人ひとりが実際の設備機器を操作しながら学べる研修所」をコンセプトとしており、より現場に近い建物設備を模擬した実習設備が充実しています。
例えば、1)透明アクリル外板で内部観察できる研修用空調設備、2)バルブ・流量計の特性実験、配管系制御などの実習を行う設備、3)新・旧ビル管理システムを設置し動力盤・各種センサのシミュレータを使用するシステムエンジニア育成設備、4)熱源実習・実験設備、などの実習設備を備え、実機に触れながら実務に必要な技術を習得することができます。さらに、eラーニング※3による集合研修前の知識習得を行うことで、研修時には実技に円滑に取り組める工夫をしています。

なおアドバンスオートメーション事業においても、藤沢テクノセンター内トレーニングセンターにて、協力会社・販売店を対象とした技術者教育を行っています。日々進歩する技術に対応した独自の教育研修プログラムを開発・実践することで、全国どの地域でも高品質のサービスを提供できる体制を整えています。

当社は、グループ理念である「人を中心としたオートメーション」の下、基本方針の一つとして掲げた「技術や製品を基盤にお客さまの長期的なパートナー」となるべく、お客さまの課題や要望に対して、最適なソリューションを提案・提供できる技術者育成を継続してまいります。


【アズビル・アカデミー研修センター概要】

名称アズビル・アカデミー研修センター
所在地神奈川県横須賀市子安2-25
構造鉄筋コンクリート造 地上4階建
面積敷地面積:4,116m²
延床面積:3,856m²
竣工1996年4月1日
収容定員研修ゾーン90名/宿泊ゾーン25名
主要施設
  • 大小研修室4室
  • 設備研修室(空調機/配管実験設備)
  • システム研修室
  • 屋外機械スペース
  • 宿泊室
  • レストラン
アズビル・アカデミー研修センター外観

アズビル・アカデミー研修センター外観

システムエンジニア育成設備での実習風景

システムエンジニア育成設備での実習風景

※1 建物の特色、ユーザー個々の運用を考慮した最適な省エネ対策や設備改修の提案など、お客さまに付加価値のあるサービスを提供できる技術者育成を目的とした教育。
※2 湘南国際村:「歴史と文化の香り高い21世紀の緑陰滞在型の国際交流拠点」として、平成6年に開村。現在は、研究施設、研修施設等が立地し、国際的視野に立脚した学術研究、人材育成、技術交流、文化交流の事業が展開されている。
※3 eラーニング:パソコンやインターネットなどのIT技術を活用した教育システム。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部セールスプロモーショングループ
TEL:0466-52-7112