azbilグループ、SECURITY SHOW(セキュリティショー) 2014へ出展 ―BCP、労務管理、節電・省エネなど、時代の変化に対応したセキュリティシステムへのリニューアルを提案―

2014年3月3日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、3月4日より東京ビッグサイトで開催される第22回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW(セキュリティショー)2014」へ出展いたします。

セキュリティショーは、防犯カメラや入退管理システム、ホームセキュリティなど、社会の「安全・安心」を実現する最新の製品・サービスを紹介するセキュリティ総合展です。

当社ブースでは、「御社のセキュリティシステムを見直しませんか?」をキーワードに最新のセキュリティ製品・システムを展示します。
近年の社会的な変化により、企業の管理部門などでは災害及びBCP(事業継続計画)対応や労務管理、省エネ・節電を強化するニーズが高まっています。当社は、セキュリティシステムの更新に併せて、こうしたニーズにお応えするセキュリティシステムを活用した最新のアプリケーションをご提案します。例えば、労務管理や災害時の安否確認、赤外線サーマルカメラを利用した工場などの夜間の外周監視強化、そしてビルディングオートメーション(BA)システムとの連携により省エネ・節電を実現する制御などの紹介を行います。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、セキュリティの観点からも、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現してまいります。

【展示会詳細】

日時2014年3月4日(火)~7日(金) 10:00~17:00 *7日のみ16:30終了
展示会名第22回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2014」
会場東京ビッグサイト
当社ブース東2ホール(小間番号:SS3602)
主な出展内容■統合化セキュリティシステム savic-net?FX(セービックネット エフエックス)
セキュリティ/中小規模建物向けセキュリティシステムsavic-ssEZ?(セービック エスエス イージー)
  • 入退履歴を活用した災害発生時の安否確認システム
  • 節電・省エネを実現する入退室管理システムとBAシステムとの連携
■1扉からの導入が可能なIDSMART?-Ⅱ(アイディスマート ツー)
  • 簡単施工でセキュリティ強化
■外周監視用サーマルカメラ *アズビルトレーディング(株)の取扱い商品
  • 赤外線で夜間も監視可能な不審者検知システム

※savic-net、savic-net FX、savic、ssEZ、IDSMARTはアズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部セールスプロモーショングループ
TEL:0466-52-7112