プラントの安全・安定操業に貢献する新型ポジショナを販売開始 - 調節弁診断機能と現場操作性を強化し、メンテナンスの効率化を支援 -

2014年3月12日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、従来の当社製ポジショナの調節弁診断機能、現場操作性および制御システムネットワークとの統合性を強化した高機能版スマート・バルブ・ポジショナ700シリーズを3月13日より販売開始いたします。プラントの安全・安定操業に貢献するとともに、調節弁の効率的なメンテナンスを推進します。

石油精製や石油化学などのプラントで使用される調節弁は、高いエネルギーを持つプロセス流体の温度や圧力を制御しながら、長期にわたる連続運転を行うため、高い信頼性を要求される機器です。また、バルブ・ポジショナは、上位制御システムからの信号に応じて調節弁の開度を制御します。そのため調節弁と同様に高い信頼性を要求されます。

近年海外で建設される新設プラントでは、生産効率を高めるために設備の大型化が進行しています。これにより調節弁自体も大型化したり、設置場所が広域化したりするため、ユーザーにとって調節弁は、高い信頼性を維持するためのメンテナンスが難しい機器になってきています。
一方、国内のプラントでは、既存プラントの生産性向上が求められています。そのため、生産品目の多品種化や、運転とメンテナンスのコスト削減の取組みが進められています。その結果、複雑化されたプラント運転における調節弁の状態監視や異常検出を、ローコストで実現することがいっそう求められています。

国内外の調節弁ユーザーが直面するこれらの課題の解決には、スマート・バルブ・ポジショナの調節弁診断技術の活用や、最新の通信技術の応用が効果的です。700シリーズは、こうした課題を解決するために開発された製品です。

画像キャプション

特長

  1. 充実した調節弁診断機能
    内蔵された圧力センサでポジショナ出力を測定することにより、プラントの運転中に、調節弁の締切性能、摩擦力の傾向、操作器出力性能などの診断を行うことが可能。
    プラント業界標準の情報技術を応用することにより、プラント停止中に行う診断(各種検査)を、経験や習熟度に拠らずに誰でも実施することが可能。
  2. LUIによる優れた現場操作性
    本体前面にLUI(ローカル・ユーザー・インタフェース)を設置。運転開始時のオート・セットアップ(自動調整)、制御パラメータ設定などが現場で簡単に操作可能。
    また、ポジショナ本体の防爆・防水機能を妨げない構造のため、広範なメンテナンス作業を現場で実施することが可能。
  3. 最新の通信規格への適合
    プラント業界におけるディファクト通信規格である、HARTプロトコル>※1とFOUNDATIONフィールドバス>※2の最新版に対応。HARTプロトコルではバージョン7、FOUNDATIONフィールドバスではITK6.1で、両団体の認証を取得。最新の通信規格に対応することで、調節弁の稼働状態や診断結果の情報を上位ホストで最大限に活用することが可能。
  4. 省エネルギー効果
    従来の当社製ポジショナと比較し、空気消費量を20%削減。定常的に使用する空気消費量の低減により、プラント運転の省エネルギーに貢献。

価格は35万円/台から。国内外で、初年度1,000台、3年後には7,000台で25億円の売上を目標としています。

azbilグループは「人を中心としたオートメーション」の理念の下、「生産および執務居住空間での次世代ソリューション」を推進しています。幅広い市場で高い実績をもつ生産制御システム・環境制御システムとコンポーネント製品を発展させ、エンジニアリング力を総合したソリューションで、次世代の製造装置や執務環境に最適な付加価値を提供いたします。今回の新型ポジショナの発売もその一環です。
当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

商品については、下記のサイトをご覧ください。

http://www.azbil.com/jp/product/factory/factory-product/control-valve-actuator/smart-valve-positioner/index.html

※1 HARTプロトコル: HART協会が推進するプロセス制御用フィールドネットワークの通信規格の一種。プロセス計測・制御機器と制御システムまたは監視システムの間のアナログ配線を通して、機器の設定や稼働状態の情報を、デジタル信号で送受信するための通信規格。
※2 FOUNDATIONフィールドバス: フィールドバス協会が推進するプロセス制御用フィールドネットワークの通信規格の一種。プロセス制御演算及びプロセス計測・制御機器の設定や稼働状態などの情報の送受診をデジタル通信で行う。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
マーケティング部アクチュエータグループ
TEL:0466-52-7027