クラウド型の建物設備管理支援システムに中長期保全計画を自動作成する機能を追加し、モバイルにも対応

2014年5月16日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、建物設備の管理情報をWebを利用して簡単に入力、検索、管理ができ、日々のメンテナンス業務の情報共有や効率化を低コストで実現するクラウド型建物設備管理支援システム「Building-Support™(ビルディング・サポート)」に、タブレット型モバイル端末からの操作を可能とする「モバイル保守管理支援機能」と、建物設備の中長期保全計画を自動作成する「中長期保全計画支援機能」を追加し、5月19日より販売開始することをお知らせします。

Building-Supportは、従来、紙ベースで管理されていた建物設備保全に関する情報やデータを、標準化されたワークフローで一元管理し、Web上で関係者が把握・確認できるシステムです。今回の機能追加は、「機械室などの作業現場でも過去の保全情報を確認し的確な判断をしたい」、「点検結果の報告や作業の引継ぎをどこからでも受け取りたい」、「ベテラン技術者でなくても設備運転の異常を確実に捉えたい」、「労力がかかる中長期保全計画を簡単に作成したい」といったビルオーナーやビル管理者のニーズに応えたものです。

追加機能の一つである「モバイル保守管理支援機能」は、タブレット端末を用いて設備機器の定期点検・日常点検の記録、トラブル対応記録の表示・検索ができます。さらに本機能には「音響データ診断注1」、「運転データ分析注2」を搭載しており、ベテラン技術者のような高度な設備診断を実現します。 もう一つの「中長期保全計画支援機能注3」は、設備性能を常に良好な状態に保てるように、定期保全データと寿命部品の修繕・交換情報を元に、重要な設備機器全体のライフサイクルを考慮した中長期保全計画を自動で作成できます。

Building-Supportの利用料金は月額2万5千円/ビル。「モバイル保守管理支援機能」の追加料金は月額1万円/台、「中長期保全計画支援機能」の追加料金は月額1万円/ビル。今回は、Building-Support導入済みのお客さまへの追加販売とし、ビル管理業務の効率化と高品質化に貢献します。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

注1.音響データ診断:設備運転の音響をデータ解析し、部位の異常を診断
注2.運転データ分析:運転状態の変化と異常時の対応履歴を統計解析して対策を指示(特許出願中)
注3.特許出願中

* Building-Supportはアズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部
TEL:0466-52-7044