ガスタービンのアプリケーションに対応する高機能発信器を販売開始 -国内向け発信器シリーズをリニューアルし、プラントの安定操業に貢献-

2014年6月30日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、応答速度やメンテナンス性を向上させ、国内のプラントの安定操業に貢献する高機能発信器 AT9000 SuperAce™(スーパーエース)を7月1日より販売開始します。

当社では1983年に他社に先駆けCPUを搭載したスマート形発信器を開発して以来、1992年にDSTJ™3000 Aceを販売し、その後も国内の要求に合わせて、使い勝手を追及したNewAce(ニューエース)、診断機能を追加したAce+ (エースプラス)と、機能向上を重ねてきました。
今回販売を開始するSuperAce+ はAceの後継機種で、Ace+ の日本独自の設置・配線方法や高圧ガス保安法への対応など国内向け仕様に加え、2008年に海外での高い仕様の要求に合わせて発売した高機能発信器AT9000 Advanced Transmitter Model GTXの優れた特長である応答速度や長期安定性を融合させました。

東日本大震災後、電力需要の増加に伴う省エネ要求を背景に、電力効率の良いガスタービンの需要が増えています。従来のAce+ の応答速度では、高速応答が必要なガスタービンのアプリケーションへの適用は困難でした。SuperAceはAce+ に比べ約3倍の高速応答を実現し、ガスタービン向けの圧力計測に使用することが可能となりました。計測機能の長期安定性にも優れており、これまでよりメンテナンス周期を延長することが可能であり、プラントの安定稼働に貢献します。

特長

  • 高速応答:100ms以下を実現。ガスタービンなど高速応答が必要なアプリケーションに適用が可能です。
  • 長期安定性:ゼロ点のシフトで、Ace+ の10倍となる±0.1%/10年を実現。設備やプラントの安定稼働に貢献するとともに、設置後の校正作業を削減し、コストダウンにも貢献します。
  • 既設との親和性:従来製品のAce+ と外形寸法や設置方法は変更ありません。既設の更新時に追加の設置作業やコストが不要です。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

商品URL

http://www.azbil.com/jp/product/factory/factory-product/transmitter/e-d-pressure/super-ace/index.html

* SuperAce、DSTJはアズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
マーケティング部センサー1グループ
TEL:0466-20-2226