計測展2015 TOKYO、システム コントロール フェア2015 に出展 - 人を中心としたオートメーション 計測と制御はネットワークで次のステージへ -

2015年11月26日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、12月2日より東京ビッグサイトで同時開催される計測展2015 TOKYOおよびシステム コントロール フェア2015へ出展いたします。当社ではまもなく迎える創業110周年ならびに「人を中心としたオートメーション」の企業理念やグループシンボルazbil制定10周年を記念する第一弾のイベントとして、azbilグループの総合展として実施します。

当社ブースでは「計測と制御はネットワークで次のステージへ」を掲げ、Industrial IoT(以下、IIoT)など新たな潮流にも着目し、生産革新や安全・安心、エネルギー最適化、azbilグループの新たな取組みといったテーマで、製造業の多種多様な課題に対するソリューションや商品、新技術を紹介します。

「プロセスオートメーションゾーン」では、生産性向上と安全・安心をテーマにIIoTがプラント運転にもたらすメリットを提案します。「ファクトリーオートメーションゾーン」では、生産革新をテーマにデジタル化されていく装置内の制御の"これから"を提案します。「エネルギーマネジメントゾーン」では、エネルギー関連の課題に対しIIoTを駆使したソリューションを提案します。

さらに今回、「azbil New Field」というコーナーを設け、計測と制御の技術をもとに、生産ロボットに応用できる技術や、水中や空気中における微生物をリアルタイム検知する技術、オフィス空間により快適な空調を実現する技術など、azbilグループの新たな領域への取組みも紹介します。

■展示会概要

日時 2015年12月2日(水)~ 12月4日(金)10:00~17:00
展示会名 計測展2015 TOKYO
システム コントロール フェア2015
会場 東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール・アトリウムステージ
当社ブース 西4ホールNo. M4-05
主な出展内容 【プロセスオートメーションゾーン】
  • 世界中のプラントで抱えているDCSオペレーションの課題と解決策
  • 急速に普及している現場計装機器HART化のメリットを最大化する方法
  •    
  • 最新のバルブ診断によるメンテナンスの最適化
  • 最新の安全計装によるプラント保安力強化
  • サイバーセキュリティと危機管理    ほか
【ファクトリーオートメーションゾーン】
  • ヒータの状態監視と設定管理を実現する電力調整器
  • 高速通信で上位機器との親和性をアップした高精度位置計測センサ
  • 操作性、施工性を大きく変えるデジタル指示調節計
  • 装置のコスト削減に貢献する小型マスフローコントローラ
  • 新しいセンシング技術の活用    ほか
【エネルギーマネジメントゾーン】
  • 省エネ効果の高い設備を絞り込むエネルギー診断
  • 投資効率が良い補助金活用
  • 省エネ目標を達成する「見せる化」技術
  • クラウドサービスによる施設運用に合わせたエネルギー分析支援
  • 電力システム改革/多様化する電力料金への対応    ほか
【「azbil New Field」コーナー】
  • 人の手感覚や視覚、知能を機械化し、変化に柔軟に対応できるロボット技術
  • 先端の工学技術を用い、空気中や水中の微生物をリアルタイム検出する技術
  • オフィス空間の空調ニーズにきめ細かく対応し、快適な空調空間を実現するセル型空調システム    ほか

当社「計測展・システム コントロール フェア」関連サイトはこちらです。

http://www.azbil.com/jp/corp/seminar/scf-jemima-2015/

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、時代の変化に対応し、人と技術の協創によってオートメーションを進化させていくことで、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
マーケティング部コミュニケーション2グループ
TEL:0466-20-2160