「人を中心としたオートメーションの探求-現場で価値を創る編」を発行 - 現場で求められる課題解決に向けたazbilグループの新たな取組みを紹介 -

2017年3月10日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、創業110周年ならびにazbil制定10周年を記念して、小冊子「人を中心としたオートメーションの探求-現場で価値を創る編」を発行しましたのでお知らせします。

azbilグループは2016年に迎えた創業110周年ならびに「人を中心としたオートメーション」の企業理念やグループシンボルazbilの制定10周年を機に、お客さまをはじめとするステークホルダーとのコミュニケーション活動に、より注力しています。小冊子「人を中心としたオートメーションの探求」は、未来に向けたazbilグループの新たな取組みについてご理解いただくことを目的に発行しています。

今回発行した「現場で価値を創る編」は、2015年発行の「計測展/システムコントロールフェア編」、昨年発行した「未来が始まる場所 藤沢テクノセンター編」、「地球環境への貢献編」に続く第四弾として発行したものです。

IoTやAIなどの新たな技術革新により、社会環境は大きく変化し、それに伴いお客さまの現場で求められる課題も変化しています。こうした課題に応えるために、azbilグループでは、新たな技術と融合したデバイス/アプリケーションの開発を進めるとともに、人材の育成にも力を入れています。本冊子では、建物や工場/プラントの現場で展開しているazbilグループの、IoTやAI、ビックデータなどの新たな技術と融合した価値創造の取組みをご紹介しています。

私たちはグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまとともに現場における価値を追求してまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006