アズビル、フィールド技術シンポジウム全国大会を開催 - 25年の節目に600名が出席 -

2017年6月6日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、5月25日に品川区総合区民会館「きゅりあん」にて、フィールド技術シンポジウム全国大会を開催しました。25回目の開催となった今回は当社社員および協力会社120社から約600名が出席しました。

フィールド技術シンポジウムは、優れた省エネ改善提案や設備の運用改善事例を紹介し、知識の共有や技術の伝承を行う社内発表会です。当社ビルシステムカンパニーのフィールド業務改善提案活動*の一環として、1993年より開始しました。以降、全国の地区大会で発表された、優れた省エネ改善提案や設備の運用改善事例を本大会で紹介、表彰しており、紹介事例はイントラネットへ掲載して情報共有を図っています。

本年度は、地区大会で発表された110件から、省エネルギー・省コストなどの優良事例7件と、各種点検作業の業務改善ツールなど18件を紹介し、表彰を行いました。また、これまでの優良事例を展示し、協力会社の方々の功績を称えました。

【フィールド技術シンポジウム全国大会】

日時:2017年5月25日(木)10:00~17:15

主なプログラム:
・事例発表:全国事例110件のうち、優良事例7件と業務改善ツールなど18件を紹介
・表彰:優秀賞2件、優良賞1件
・優良事例の一例
■ビルディングオートメーションシステムからの遠隔収集データを活用し、個別空調設備の計装不具合を早期に発見して是正。トラブル発生の未然防止に貢献した事例。
■他社の工業系製品の点検にあたり、誰もが活用できる点検手法や機器の良否判定基準を確立し、社内に水平展開した事例。
■機器を更新する際に使用する素材選定の工夫により、製品の制御性とメンテナンス性が向上した事例。

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの省エネルギー・省CO2や建物価値向上に貢献するフィールド技術向上と人材育成に取り組んでまいります。

フィールド技術シンポジウム全国大会

フィールド技術シンポジウム全国大会

開会の挨拶を行う
ビルシステムカンパニー社長 不破 慶一

開会の挨拶を行う ビルシステムカンパニー社長 不破 慶一

*建物の特色、ユーザ個々の運用を考慮した最適な省エネ対策、設備改修を提案し、お客さまへの付加価値提供実現を目的とした提案活動。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部
TEL:0466-52-7112