執務者の体感情報に基づき、快適性と省エネルギー性を両立する「申告型空調システム」の共同実証実験を開始

2017年9月20日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)と株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市東神足1丁目10番1号 会長 兼 社長:村田恒夫、以下 村田製作所)、戸田建設株式会社(本社:東京都中央区京橋一丁目7番1号 社長:今井雅則、以下 戸田建設)は、申告型空調システムの共同実証実験を開始しました。本実証実験は、アズビル 藤沢テクノセンター、村田製作所 長岡事業所、戸田建設 筑波技術研究所で、室内空間の快適性と省エネルギー性を評価するために、2018年3月まで実施される予定です。

本実証実験における3社の役割は以下の通りです。

  • アズビル:申告型空調システムの開発
  • 村田製作所:申告カードの開発
  • 戸田建設:申告型空調システム、申告カードの開発、設備設計へのコンサルティング

  1. 背景
    これまでのオフィス空間における室内温熱環境は、壁面の設定器までの移動の手間や設定操作の煩雑さなどから特定の執務者による設定に基づき制御されており、個々の体感温度を反映したものではありませんでした。例えば、食事後や外出先からの帰社後は、代謝量が上がっており暑く感じる事が多く、特定の人の一時的な「暑い」という要求に応えて設定値を下げた後、そのまま放置され、代謝量が落ちたときに寒くなってしまうということが起こりがちです。こうした課題に対して、アズビルがこれまでのビルディングオートメーション技術を応用して開発したのが「申告型空調システム」です。執務者が感じている「暑い」「寒い」といった体感情報を、従来のPCやスマートフォンに加え「空調制御用申告カード」を通しての収集を実現し、執務時間、執務状況に応じた最適な室内温度に制御します。
  2. システム概要
    申告型空調システムは、執務者からの要求を一時的なものか継続的なものかを判別し、一時的な要求である場合には、設定値を一定時間経過後に元に戻します。例えば、涼しい(室温が低い)環境で「暑い」という要求が来た場合、その要求はその人固有の要求であり一時的な申告であると判別します。逆に暑い(室温が高い)環境で「暑い」という要求が来た場合には、継続的な申告であると判別します。また出勤直後や昼食後など、人の行動により代謝量が一時的に変化している時間帯の申告を一時的な申告であると判別します。空調制御用申告カードは、社員証用ネックストラップに収納可能なカード型のユーザインタフェースです。執務者がいつでもどこでも自らの「暑い」「寒い」といった感覚を空調設備に伝えることができます。表面のボタンにより感覚のみで不快だ、と感じたその場で周囲に遠慮する必要なく操作・申告できます。内部の無線信号の強度により最寄りの空調設備の位置を自動的に判別して、執務者に最も近い設備を自動的に選択し、最適な環境を提供します。
  3. 今後について
    実証実験の評価結果を取り込みながら、企業の「働き方改革」の取組みに有効な、社員一人ひとりの生産性向上に貢献するサービスとして、2018年10月の実用化を目指します。 アズビルとしては、空調申告カードから得られるユーザ情報や、IoT技術を活用し、オフィスビル内在室者の快適性、生産性の向上を実現する新たな商品の開発を目指します。

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、建物や工場の省エネルギー・省CO2を実現する様々な手法を提案し、地球環境保全に貢献してまいります。

空調申告カード

空調申告カード

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部 
TEL:0466-52-7112 担当:田中(裕)
村田製作所 広報室企業広報課
TEL: 075-955-6786 担当:松村、牧野
戸田建設(株) 特定プロジェクト部
TEL:03-3535-2515 担当:森