システム コントロール フェア2017・計測展2017 TOKYOに出展 - アズビル × IoTがつなげる、ものづくり企業の未来 新次元の生産性へ! -

2017年11月22日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、11月29日より東京ビッグサイトで同時開催されるシステム コントロール フェア2017・計測展2017 TOKYOへ出展します。

当社ブースでは「アズビル × IoTがつなげる、ものづくり企業の未来 ― 新次元の生産性へ! ―」を掲げ、IoT、ビッグデータ、AIをはじめとする最新技術を駆使し、"つながる世界"の実現とサイバー空間の連携による製造業の飛躍的な生産性の向上を支援し、企業の持続的発展の実現に貢献するソリューションや商品、新技術を多数展示します。

ブースは、「ファクトリーオートメーション」「プロセスオートメーション」「エネルギーマネジメント」の3ゾーンに加え、「スマートマニュファクチャリング」ゾーンを新設し、全体最適の観点から、ものづくりを自律的に調整するオートメーションによる「新次元の生産性」を提案します。
さらに、独自の計測制御技術を活かした次世代スマートロボットのデモンストレーションを実施するなど、azbilグループの新たな領域への取組みも紹介します。

■展示会概要

日時 2017年11月29日(水)~12月1日(金)10:00~17:00
展示会名 システムコントロールフェア2017・計測展2017 TOKYO
会場 東京ビッグサイト 西1・3・4ホール・アトリウムステージ
当社ブース 西4ホール 小間番号 4-38
主な出展内容 【スマートマニュファクチャリング・ゾーン】
ゾーンテーマ:"アズビル × ビッグデータ × AI"による新次元の生産性を実現
  • バッチプロセス分野向けの機械学習を用いた機器・プロセス・質の異常予兆検知
  • AIによる生産計画・作業指図・ロジスティクスの最適化
  • エッジコンピューティングによる装置異常予兆検知
  • 多品種少量生産現場における組立てミスの削減ソリューション
  • 装置トラブルなどの現場課題を効率的に解決するナレッジソリューション
【ファクトリーオートメーション・ゾーン】
ゾーンテーマ:装置内IoTが創る新しい装置マネジメントの世界
  • 計測が難しかった100㎖/min以下の微小液体流量の計測・管理
  • バラツキの無い確実な設定と検出状態の確認が可能な汎用アンプ内蔵光電スイッチ
  • マルチ光電スイッチによるワーク検出の新しい使い方のご提案
  • 装置制御の挙動予兆診断機能を搭載した新しいPIDコントローラ
  • 装置をクラウドに接続する装置組込み小型エッジコントローラ
  • 簡単操作ロボットによる現場導入容易化のご提案
  • アクティブコンプライアンス™を用いたコネクタ嵌合(かんごう)(はめ合わせること)組立と検査のデモンストレーション
【プロセスオートメーション・ゾーン】
ゾーンテーマ:超スマート工場の運転管理をテーマに"アズビル × IoT"による新次元の保安力を提案
  • 異常予兆検知とプロセス変動予測による新次元のプラント運転管理
  • 急速に普及しているHART機器のメリットを最大化する方法
  • 最新のバルブ診断による異常の早期検知と保全最適化
  • 調節弁のメンテナンスサイクル長期化など保全活動の負荷低
【エネルギーマネジメント・ゾーン】
ゾーンテーマ:IoTで実現する新次元のエネルギーマネジメントソリューション
  • 省エネ活動の基盤となる省エネ診断
  • 省エネ計画を実施・改善し続けるソリューション
  • 設備投資額を削減する補助金活用
  • エネルギー管理クラウドサービス・デマンドレスポンス
  • 地球環境に貢献するBEMS

当社「システム コントロール フェア2017・計測展2017 TOKYO」関連サイト


当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、時代の変化に対応し、人と技術の協創によってオートメーションを進化させていくことで、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

* アクティブコンプライアンスは、アズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006