第2回スマートビルディングEXPOへ出展 - IoT時代を加速させる最新のビルディングオートメーション商品を一斉展示 -

2017年12月7日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、12月13日より東京ビッグサイトで開催される「第2回スマートビルディングEXPO」へ出展します。

スマートビルディングEXPOは、「ZEB*」「ビル向けIoT」「ビルリノベーション」など、次世代ビル開発とビル管理に必要なあらゆる技術を一堂に集めた展示会です。

当社ブースでは、「高層ビルから工場・住宅まで、アズビル×IoTがつなげる未来の都市、建物」をコンセプトに、ビッグデータ、AIなどの最新技術を活用し、設備管理の現場から管理部門・経営にかかわるお客さまの課題の解決や生産性向上に貢献する建物向け商品を紹介します。
当社ブースは、「ビルディングオートメーション(BA)システム」「セキュリティ」「個別快適」の各ゾーンで、azbilグループの幅広い商品ラインアップを展示します。さらに、「ニューコンセプト」ゾーンで、エリア内の人の位置と数を把握して省エネルギーを実現する赤外線アレイセンサシステムや、執務者の温冷感の要望に応じて快適な居住空間を実現する空調制御システムのデモンストレーションを実施し、azbilグループとしての新たな領域への取組みを紹介します。

【展示会概要】

日時 2017年12月13日(水)~15日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで) 
展示会名 住宅・都市イノベーション総合展2017「第2回スマートビルディングEXPO」
会場 東京ビッグサイト
当社ブース 東6ホール 当社ブースNO.3-26
主な出展内容 【BAシステムゾーン】
テーマ:建物現場のさまざまな要求仕様に柔軟に対応し、IoTでビル経営を支援
  • IoT時代に対応する新BAシステム「savic-net™G5」
  • IoTを活用してBMS(Building Management System)をクラウド化した「ビル向けクラウドサービス」
  • 空調バルブにセンサを搭載した「流量計測制御機能付電動二方弁アクティバル™」
【セキュリティゾーン】
テーマ:働き方改革対応・CSR強化・環境管理で安心を提供
  • 入退室履歴による客観的なデータで勤怠管理を補完する「入退室管理システム」
【個別快適ゾーン】
テーマ:建物から住宅まで、居住者一人ひとりに合わせた快適を提供
  • 執務者の利用状況に応じたゾーン毎の空調を実現する「ネクスフォート執務者の利用状況に応じたゾーン毎の空調を実現する「ネクスフォート™」」
  • 個別住宅向け全館空調システム「きくばり™」
【ニューコンセプトゾーン】
テーマ:最新のセンシングとBAシステムの連携を実現
  • エリア内の人の位置と数を把握して省エネルギーを実現する赤外線アレイセンサシステム
  • 執務者の温冷感の要望に応じて快適な執務空間を実現する空調制御システム

詳細はこちらをご覧ください。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、時代の変化に対応する新たな製品・システムを開発し、お客さまの「安心・快適・達成感」の実現や、地球環境に貢献してまいります。

* ZEB(Net Zero Energy Building): 建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネルギー性能の向上、エネルギーの面的利用、オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物。
* savic、savic-net、アクティバル、ネクスフォート、きくばりは、アズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部
TEL:0466-52-7112