ものづくりの安全向上に貢献した企業・団体を表彰する第3回「向殿安全賞」功績賞を受賞

2017年12月15日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、当社安全審査部が、ものづくりにおける安全の向上と進歩・普及に貢献した個人、団体に贈られる「向(むかい)殿(どの)安全賞」功績賞を受賞したことをお知らせします。

向殿安全賞は、機械や自動化設備などの産業オートメーション分野における、製品安全や労働安全などの安全にかかわる功績を対象とした賞です。セーフティアセッサ協議会が設立・運営を行い、一般社団法人セーフティグローバル推進機構が委嘱した有識者による「表彰審査委員会」の審査基準に基づき、表彰対象者を決定します。
2017年度で3回目となる今回、当社安全審査部が「機械安全、防爆安全に対する人材育成と安全化推進」というタイトルで、団体の部の「功績賞」を受賞しました。これは、安全知識を有する人材育成への取組みと、リスクアセスメント制度を活用した製品安全の活動およびお客さまの安全向上への貢献が評価されたものです。

11月30日には、「システムコントロールフェア2017・計測展2017 TOKYO」の会場にて表彰式が行われました。受賞にあたり当社安全審査部部長 鈴木祥史は「利用者視点で製品とサービスの両面における安全に、全社的に取組んで来た結果であり、今後もこの活動を継続、発展させていきたい」と語っています。

これからも当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心、快適、達成感」を実現するため、ものづくりにおける安全性向上のための取組みを継続してまいります。

セーフティアセッサ協議会 向殿会長(左)より表彰を受ける当社 鈴木安全審査部長

セーフティアセッサ協議会 向殿会長(左)より表彰を受ける当社 鈴木安全審査部長

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006